画像: ネコパンからネコ映画まで!吉祥寺で猫三昧/10月17日(水)の東京イベント

ネコパンからネコ映画まで!吉祥寺で猫三昧/10月17日(水)の東京イベント

毎年、猫好きの人を中心に人気を博している『吉祥寺ねこ祭り』が今年も吉祥寺にて開催中。2010年に「むさしの地域猫の会」へのチャリティーイベントとしてスタート。その後「猫」をキーワードとした地域密着型イベントへと発展し今年で9年目を迎える。吉祥寺は、猫が題材となった映画や漫画作品が数多く生まれ、現在でも猫カフェや雑貨店など、猫にまつわる店が点在している街。猫の殺処分をなくため “地域猫の活動”が根付いていることもあり、今年も人と猫が共生する街となることを目的に募金箱の設置やパンフレットの配布を実施する。募金は地域猫の活動資金にあてられる。
イベントには、吉祥寺界隈のギャラリーや雑貨店など42店舗が参加。参加するパン屋さんにそれぞれ自慢の“ネコパン”が登場する「秋のネコパン祭り」や、日本初人工授精で繁殖したアムールヤマネコの生体を知る「ヤマネコ祭り」(井の頭自然文化園)、参加店舗42店舗を巡るスタンプラリーなど60以上のイベントが行われる。
また猫カフェや映画館で“猫映画”を上映する「にゃんこ映画祭」も必見。猫と触れ合いながら映画を鑑賞できる猫カフェ上映では、故・大杉漣主演映画『ネコナデ』を上映。今年オープンした映画館ココマルシアターでは『猫が教えてくれたこと』『メン・イン・キャット』『先生と迷い猫』『猫侍』など猫映画8本を特集上映。『こま撮りえいが こまねこ』の合田経郎監督が参加するトークショーも開催される。鑑賞券にはドリンク・お土産付き。収益の一部はむさしの地域猫の会への募金にあてられる。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.