画像: 卜部功也らが出場「ライト級世界最強決定トーナメント」開催【12・8 K-1大阪】

卜部功也らが出場「ライト級世界最強決定トーナメント」開催【12・8 K-1大阪】

林「この階級で外国人と正面から殴り合って興奮する試合ができるのは自分だけ」
新生K-1初の大阪大会となる「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」(12月8日、大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場)の第2弾カード発表会見が10月19日、東京都内で開催された。
13日には大阪で第1弾カード発表会見が行われ、王者・武尊に皇治が挑戦するスーパー・フェザー級タイトルマッチ、スーパーファイトの山崎秀晃vs安保瑠輝也、安保璃紅vs朝久泰央などが発表されている。
この日の会見では「ライト級世界最強決定トーナメント」の開催が発表された。
出場選手は現同級王者の卜部功也、Krushスーパー・ライト級王者の篠原悠人、大沢文也、林健太、Krushライト級王者のゴンナパー・ウィラサクレック、ニコラス・ギャフィー、インディゴ・ボイド、リュウ・ウェイの8人。
1回戦は1林vsギャフィー、2篠原vsゴンナパー、3卜部vsボイド、4大沢vsウェイで行われ、1と2の勝者、3と4の勝者が準決勝を戦い、それぞれの勝者で決勝を戦う。リザーブファイトとして恭士郎vs川﨑真一朗戦が行われる。
会見には卜部ら日本人選手4人とゴンナパーが登壇した。
第1試合に出場する林は「この階級で外国人と正面から殴り合って興奮する試合ができるのは自分だけだと思っているので、1試合目から興奮するような試合をしたい。興奮させるだけじゃダメなんで、そのうえでしっかり勝ちたい」と話した。
相手のギャフィーは22歳にして50戦45勝(13KO)5敗のキャリアを誇るスペインの若き実力者。主催者を通じて「林健太との1回戦は観客が求めているようなタフでエキサイティングな試合になると思うが、自分は勝つことしか考えていない」などとコメントした。
篠原「優勝したいので3試合KOを狙っていきたい」
第2試合に出場するゴンナパーは「全力で戦って必ずチャンピオンになる」、篠原は「8月のタイトル戦の後にこの話をいただいた。メンバーだけ聞いていて、僕以外の日本人選手がゴンナパー選手とやっていたので、僕がゴンナパー選手と戦うことになるのかなと思って、決まる前からサウスポー対策をしてきたので、ゴンナパー選手に決まって安心した。地元で試合をするのは初めてで、階級を下げてしかもトーナメント。全部初めてだが、僕自身、今までで一番試合が楽しみ。ゴンナパー選手は強敵だが、トーナメントに参加する以上は優勝したいので3試合KOを狙っていきたい」などとそれぞれ話した。
卜部「トーナメントの話をいただいてスイッチが入った」
第3試合に出場する卜部は「ライト級トーナメントの話をいただいてスイッチが入った。僕のライト級は負けから始まって、今はチャンピオンになったが、その負けの相手が隣にいるゴンナパー選手。ずっとゴンナパー選手と戦いたいという気持ちがあったので、このトーナメントでこういう機会をいただいてうれしい。今回、最年長ということだがまだまだ若手に負けず、元気よく1回戦から全力でやっていきたい」と話した。
対戦するボイドはオーストラリアの25歳。キャリアのほとんどはムエタイルールの試合で24戦16勝(4KO)6敗2分の戦績を誇る。主催者を通じて「俺の爆発力・破壊力のあるファイトスタイルはK-1ルールに向いていると思う。卜部功也とはスピードと爆発力がぶつかり合う試合になるだろう。でも俺は自分が進む道を阻む相手は誰であろうとマットに沈める。最初からフルスロットルで戦って、必ず俺がトーナメントで優勝する」などとコメントした。
大沢「卜部選手に勝つことが一番のモチベーション」
第4試合に出場する大沢は「僕はずっと前から言っているが、K-1グループでは卜部功也選手がパウンド・フォー・パウンドだと思っている。もともと60kgで試合をしていて、62.5kgに上げた一番の理由は卜部選手を追いかけたということ。ゴンナパー選手にもリベンジはしたいが、最終目標にしている卜部選手に勝つことが一番のモチベーションになっている。まだまだ勝てる確率は少ないと思うが、1回戦をしっかり勝って準決勝で功也選手と試合をしてリベンジしたいと思っている」などと功也に対する並々ならぬ思いを打ち明けた。
対戦するウェイは2011年にKrushで行われた「Krush vs 中国・英雄伝説」の対抗戦で当時Krushライト級王者だった梶原龍児と対戦。梶原を追いつめたものの僅差の判定で敗れた。その後、英雄伝説で着実にキャリアを積み、2015年に同団体の-64kg級アジア王座を獲得。先日、ゲーオ・ウィラサクレックと中国で対戦し、負傷によるTKOで敗れたが、ゲーオを圧倒する場面も作るなど健闘を見せた。主催者を通じて「私の目標はこのトーナメントで優勝し、来年タイトルマッチを行い、K-1のチャンピオンベルトを中国に持ち帰ることです。ファンのみなさんの記憶に残るようなファイトをしますのでぜひ応援してください」などとコメントした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.