画像: GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第12弾 「冬の訪れにはいつも。。。」

GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第12弾 「冬の訪れにはいつも。。。」

もう10月後半
2018年も本格的に終わりを迎えようとしています!
冬の入り口ってなんかワクワクしません?
夕方になると、一気に冷え込むあの感じ。
昼間は長袖でいいけど夜はパーカーとかジャッケットが欲しい、みたいな。
なんか一人で散歩とか行きたくなっちゃう感じが
すごいワクワクする!
後、この時期になると
懐かしい曲とか聴きたくなる!
学生時代に聴いてた曲とか無償に聴きたくなる。。。
それでその頃の記憶とか思い出して浸っちゃう。(笑)
最近のオフの日の過ごし方かも!
過去に浸る。(笑)
でも本当に音楽ってその人の人生に寄り添うものだから
必ず人生の節目に絶対関わって来るものなんですよね。。。
人によって青春の曲って違うと思うのですが
中学のとき聴いてた曲
GReeeeNさんの
「キセキ」
どうですか?
僕は色々な曲を聴いてましたが、やっぱりこの曲は一番耳にした曲かな〜
自分が聴いてた訳ではなくても
友達が聴いてたり、街で流れてたり、TVで聴いたりと
かなり印象に残ってます!
僕と同じ歳の方
1995年生まれの方には
共感してくれる方が多いはず!!!(笑)
同世代の人!!!!!
めっちゃ聴かなかった?(笑)
この曲のリリースは
2008年5月28日 らしいです。
僕は中学1年生の時ですね!
この曲、すごい寒い時に聴いてた記憶なんだけどなぁ〜(笑)
ズレてる。(笑)
後、中学のときに聴いてた曲。
スピッツさんの
「チェリー」
これ誰か共感できる人いない?(笑)
リバイバル的な感じで
自分が生まれた頃のJ-POPを聴くっていう!
完全に中二病。(笑)
でも中学生って一番背伸びしたい年頃!
誰かこれ共感してーーーーー(笑)
最後に一曲紹介。
中学の時聴いてた曲
RADWIMPSさんの
「いいんですか」
これはやばい。
何がやばいって
ピュアな中学生にはなんとも素敵な歌詞なんですよ。
中学生2、3年生になるとね
異性を意識する歳ですよ。
これは恥ずかしくもなんともない
当たり前な事ですよ!
その時に音楽っていうのは寄り添ってくれるんですよね。
...だれ?(笑)
でもこうやって文字にして見た時に
文字だけでは決して伝えられない想いが他にもたくさんあって
楽しかったことや、悔しかったこと、友達や家族との記憶とか
初めての経験や初めて行った場所の事、
知識やコミュニケーション力が無いから
たくさんの人を傷つけたし、逆にたくさんの人に傷つけられたし、
でもこうして思い出せる思い出があって
人生を支えてくれた音楽もあって
今、僕はGENERATIONSとして活動する中で
より多くの人に寄り添える存在になれるように
頑張りたいと思います!!
その中で
改めて、ヴォーカルのお2人には感謝です!
他のパフォーマーにも感謝です!!
そして10年後
誰かが僕のように
10年前に聴いてた曲を思い出す様に
GENERATIONSの曲を思い出してくれれば嬉しいです!!
なんか寂しい感じに聞こえますが、、、
僕、やめないですからね?(笑)
ずっとGENERATIONSですからね?(笑)
真面目なことを話すのは
向いてないようです!(笑)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.