画像: 復帰戦で激闘制した山本健斗デリカットが「リオン武選手と戦いたい」【10・26 修斗】

復帰戦で激闘制した山本健斗デリカットが「リオン武選手と戦いたい」【10・26 修斗】

山本が工藤に3-0の判定勝ち
プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO GIG TOKYO Vol.26」(10月26日、東京・新宿FACE)のメーンで行われたフェザー級戦で山本健斗デリカットと工藤諒司が対戦。山本が3-0の判定で勝利を収めた。
山本は今年6月に行われた第9代環太平洋フェザー級チャンピオン決定戦でTOMAに敗れて以来の復帰戦。
対する工藤はアマ修斗で輝かしい成績を誇るフェザー級の新星。今後の修斗フェザー級を背負う者同士の戦いは1Rから激しい攻防が繰り広げられた。
1R序盤、山本の右ストレートでヒザをついた工藤はタックルで組み付くとコーナーに押し込みダメージを回復させる。ブレイク後、組み付いて押し込んだ山本だったが、逆に工藤は足をかけテイクダウンに成功。山本がもぐってタックルに行くが工藤は許さず潰してフロントチョークを狙う。そこからバックを取った工藤だったが山本はアームロックを狙い左腕を捕獲。取り切れないとみるや、スキを突いて立ち上がり打撃の攻防に持ち込むなど、攻守が激しく入れ替わる展開に。
「もっと鍛えて強くなってくる」
2R開始早々、前に出る工藤に山本がカウンターの左フック。ヒザをついた工藤に山本がフロントチョーク狙いから素早くバックに回りスリーパーホールド。動いて脱出を図る工藤だったが山本も合わせて体をずらし、工藤はなかなか脱出することができない。それでもなんとか首を抜いて上を取った工藤がフロントチョークを狙うと山本は体を返して逆に上を取りかける。逃れた工藤は組み付いて押し込んでは山本の攻撃を分断。そこから始まった打ち合いでは山本のカウンターの左フックがヒット。終盤、工藤がタックルからテイクダウンに成功するも山本がすぐに上を取り返すなど2Rは終始、山本が主導権を握ったまま終了した。
判定はジャッジ1人が20-19、2人が20-18で山本を支持。3-0で山本が復帰戦を勝利で飾った。
山本は試合後、判定という結果にいまいち歯切れは悪かったものの「リオン武選手と戦いたい」と自らが敗れたTOMAを9月大会で破ったリオンの名を上げ「今日みたいな内容だったらダメですが、もっと鍛えて強くなってくるのでお願いします」とアピールした。
高橋孝徳が昨年の新人王に大差の判定勝ち
セミファイナルでもフェザー級の注目カードが行われた。
2017年のフェザー級新人王・星野豊と高橋孝徳が対戦し、高橋が3-0の判定で勝利を収めた。
1R序盤から星野は片足タックルからテイクダウンを狙うが、高橋はがぶってつぶすと上からこつこつとパンチを放ち星野を削っていく。
タックルに固執するあまり無理な体勢での時間が長引き、星野は徐々にスタミナ切れ。ラウンド終盤、星野は左フックからタックルにいくが高橋は巧みに体勢を入れ替えるとバックを取ってバックマウントからパウンドの連打でラウンドを終わらせる。
2Rに入って疲れの見える星野はタックルで押し込むものの、高橋が足払いで難なくテイクダウンに成功するなど、ペースは完全に高橋のものに。バックを取られてもそこから足を取りに行くなど最後まで果敢な攻めを見せた星野だったが、取り切れず体勢を悪くしては高橋のパウンドをもらってしまうなど、主導権を取り戻せないまま試合終了。
判定とはなったがジャッジは20-18、20-17、20-16と大差をつけ高橋が完勝した。
高橋はこれで今年は3勝1分けと負けなしの快進撃。試合後のリングで「今日の試合は上を目指すうえですごく重要なステップになる試合だと思って臨んだ。判定だったがなんとか勝つことができた。これからもっと強くなってタイトル戦線に絡んでいきたいと思っているので、次はランカーに絡むようなマッチメークをお願いできればと思う。自分は無敗の天才でもないし、期待のルーキーでもないかもしれないし、そんなに若くもない。デビューした時から負けが先行してきた選手ですが、それでも1試合ごとに強くなってきたという自負があります。なので、ぜひ自分が強くなっていく姿を見てもらいたい」とアピールした。
49歳の奥平がデビュー戦で判定負け。輝龍はプロ初勝利
この日の第3試合では49歳の奥平季之が41歳の輝龍を相手にデビュー戦を行った。
奥平は2017年のアマチュア修斗全日本選手権でバンタム級3位となり史上最高齢でプロ昇格となった異色のルーキー。
対する輝龍も41歳のファイター。現在6戦5敗1分とまだ勝利がない。
1R、奥平は拳を合わせるやすぐに組み付きコーナーに押し込んで片足タックルでテイクダウンを狙う。しかし輝龍がそこをしのぐと膠着状態となりレフェリーがブレイク。仕切り直しとなったが、今度は輝龍がいきなり右アッパー一閃。まともに食らった奥平はダウン。追い討ちのパンチを放つ輝龍だったが、奥平はこのピンチをしのぐ。しかし輝龍は組み付くと投げ気味に振ってテイクダウンを奪うとサイドポジションをキープ。なんとかしのいだ奥平はスタンドに戻すと鬼神の表情でパンチを振るって前に出るがクリーンヒットできず、ダメージは与えられない。2Rも開始早々から前に出る奥平だったが、輝龍はパンチをかいくぐりバックを奪う。ここは振りほどき、タックルに行く奥平だったが、輝龍は体勢を入れ替えてこーなに詰めると首相撲から膝蹴りを放っていく。離れると必死の形相でパンチを放っていく奥平だったがやはり確実性を欠き、輝龍に組み止められては反撃を許してしまう。
試合は判定となり、ジャッジ2人が20-18、1人が20-17で輝龍が勝利を収めた。輝龍はこれがうれしいプロ初勝利となった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.