画像: 宮川大輔、初キスシーン後に相手役・桜井ユキ「気分が悪くなって...」

宮川大輔、初キスシーン後に相手役・桜井ユキ「気分が悪くなって...」

映画『サクらんぼの恋』初日舞台挨拶が27日、都内にて行われ主演の宮川大輔、共演の桜井ユキ、前田公輝、佐野ひなこ、古厩智之監督が登壇した。
宮川演じる45歳のさえない童貞男が大ファンだったAV女優と出会いピュアな恋に落ちるハートウォーミングなラブコメディー。
宮川は「僕はこれが初めてのキスシーンだったんです。そうしたら(桜井演じる)恩田リナではなくてユキちゃんのことを好きになってしもうて」と、人生初のキスシーンに舞い上がってしまったことを明かした。ところが「船でキスシーンを撮った後に、今ユキちゃんは何をしているんだろと思って聞いたら“桜井さんは今ちょっと気分が悪くなられて...”って。もしかして僕とのキスシーンが嫌だったのかな、と」と、ショックを隠し切れない様子。
すると桜井が「そうじゃないんです。実はあのとき、キスシーンの少し前から船酔いで吐きそうだったんですけど、えづいていると嫌なのかと勘違いされそうだったので我慢していたんです。キスシーンが終わった瞬間に、船から降りて、気分を落ち着かせようとしていました」と弁明。
「キスシーンは最高でした(笑)」という桜井に、ほっとした様子の宮川。「船を貸切ることができず一般のお客さんも乗っていて、子供も見ていた中でのキスシーンだったり、短時間で過酷な撮影だったんですけど、一生懸命作らせていただいて、いい作品になったと思っています」と胸を張った。
映画は全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.