画像: 世界体操/跳馬・白井健三【プロの瞬撮】

世界体操/跳馬・白井健三【プロの瞬撮】

スポーツ写真においてシャッターチャンスが最も少ないのは何か。撮影難易度が高いとなると、
ノルディックスキー・ジャンプ、スピードスケートの500m、ボブスレーなどのそり系競技、アルペンスキーが私の頭には浮かぶ。
共通してるのは、速い。そして大抵の現場は寒い。寒いのはさておき、観客席よりも選手に近い撮影ポジションからは本当に速く感じる。
これらのウインタースポーツ以上に難易度が高いのが体操・跳馬である。全速力の助走から一瞬にして飛び上がり、ピタリと着地。しかも選手や技によってその軌道は違う。さらに、決勝はたった一本しか飛ばない。
体操の世界一を決める大会がカタール・ドーハで今まさに開催されている。
2020東京オリンピックへの出場権がかかり、ハイレベルな演技が繰り広げられている。
私はこの演技の迫力に負けない写真を撮り、伝えたい。300mmの望遠レンズを構え、選手同様に集中力を高めた。
どんなに難しい撮影技術であろうが、スポーツフォトグラファーも選手同様に常に挑戦すべきだろう。
■カメラマンプロフィル
撮影:松尾憲二郎
1985年 東京生まれ。
都立工芸高校デザイン科、東京造形大学デザイン学科卒業。
学生時代よりエクストリームスキーヤーとしてアメリカを中心にワールドツアーを転戦。
選手引退後、バックカントリースキーを中心に撮影者として雪山を登ってきた。
2014 年より「アフロスポーツ」に所属。
現在は様々なスポーツを撮影している。
日本スポーツプレス協会(AJPS)会員
■取材歴
2015 冬季ユニバーシアード(スペイン/グラナダ)、EAFF 東アジアカップ(中国/武漢)、世界柔道(カザフスタン/アスタナ)
2016 スキー遠征(モンゴル/アルタイ山脈)、リオデジャネイロパラリンピック
2017 冬季ユニバーシアード(カザフスタン/アルマティ)、冬季アジア大会(札幌)、世界フィギュアジュニア(台湾/台北)、夏季ユニバーシアード(台湾/台北)、フィギュアGPシリーズ(ロシア/モスクワ)
2018 冬季オリンピック(韓国/平昌)、夏季アジア大会(インドネシア/ジャカルタ)
■個展
2011 冷やしボブ(ボブ東京)
2014 YMK_展(EATME GALLERY 南青山)、YMK_展 (UP LAND 札幌)
2016 SKIING MONGOLIA(代官山ヒルサイドテラス)、season(NIKON 新宿フォト・プロムナード)
アフロスポーツ
1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。1998年長野オリンピックでは大会組織委員会のオフィシャルフォトチーム、以降もJOC公式記録の撮影を担当。
各ジャンルに特化した個性的なスポーツフォトグラファーが在籍し、国内外、数々の競技を撮影。放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高い写真を提供し、スポーツ報道、写真文化の発展に貢献している
■アフロスポーツHP
https://sport.aflo.com
https://www.aflo.com
■Facebook
https://www.facebook.com/aflosport
■Instagram
https://www.instagram.com/aflosport
■Twitter
https://twitter.com/aflosport

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.