画像: お年玉付年賀はがきは進化系! 嵐の櫻井「平成最後の年賀状、楽しんで送って」

お年玉付年賀はがきは進化系! 嵐の櫻井「平成最後の年賀状、楽しんで送って」

平成31年用お年玉付年賀はがきが1日発売、同日その販売開始セレモニーが都内で行われ、嵐の櫻井翔、バドミントン日本代表の奥原希望、柔道日本代表の阿部一二三が登壇した。
キャッチフレーズは「いいじゃん、それぞれの年賀状。」。年賀状も個性を発揮して自由に楽しんでほしいという想いが込められた。
年賀状コミュニケーションパートナーである嵐の5人が出演するテレビCMには、さまざまな年賀状が登場している。「実際のアーティストの方々も数多く参加されているんですけど、切り絵のアーティストの方には年賀状以外の作品も見せていただきながら撮影しました」と、櫻井。
子どもから年配の方々までさまざまな世代の人が出演。賑やかで楽しい現場だったそうで、櫻井は「CMの最中に(ポストの)上から嵐の5人が手を振るシーンがあるんですけど、50代60代ぐらいの男性が下のほうで“翔くーん、翔くーん”って本気でやってくれていて楽しかったし、うれしかったですね」と、振り返った。
セレモニーでは注目の進化系年賀状を紹介。飛び出したり、ひっくり返ったり、噛みつかれたりする年賀状をデモンストレーションすると、櫻井は「(これをもらったら)縁起がよさそうですね」と、笑った。
途中、“進化系アスリート”の奥原と阿部も加わり、また新たな進化系年賀状をお披露目。奥原はカメラのフラッシュに反応するインクを使った忍者インク年賀状を、阿部はパラパラマンガのような楽しい年賀状を手に楽しそうだった。
東京オリンピック前年となる2019年は、アスリートにとって大事な年になる。
「年賀状が持つ多様な進化に驚かされました。私たちアスリートも日々精進して東京オリンピックで金メダルを獲れるようにこれからも頑張りたいと思います」と」と、阿部は意気込む。
奥原も「目標に向けた大事な1年。支えてくださっているみなさんへ日頃の感謝の気持ちをこめて年賀状を送りたいと思っています」。また「年賀状みたいに私もこれからどんどん進化したい」と誓った。
「平成最後の年賀状になるんですよね」と、櫻井。「楽しみながら送ってもらえたらなと思います」と、PRした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.