画像: デパートに“観覧無料の映画館”が出現/11月2日(金)の東京イベント

デパートに“観覧無料の映画館”が出現/11月2日(金)の東京イベント

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」の出品作品を中心に、世界各国の厳選ショートフィルムを無料で鑑賞できる新宿店開店記念特別企画「小田急ショートショートシアター」が小田急百貨店新宿店にて5日まで開催中。
初開催の昨年は約1万人が来場した人気企画。今年は世界各国の映画祭受賞作など全部で25作品を無料上映。「フロントシアター(60席+立見30名)」「サイドシアター(40席)」を開設し、それぞれのシアターでショートフィルム作品を複数組み合わせたプログラムを1時間ごとに上映する(フロントシアターは完全入れ替え制)。フロントシアターでは、世界各国の映画祭受賞作を集めた「世界最高峰のプログラム」を3種類と、家族で楽しめる「世界のアニメーションプログラム」を1種類上映。サイドシアターでは、日本の魅力を旅気分で再発見できる「日本を旅するプログラム」と、誰もが知るおとぎ話や小説をもとに創作したショートストーリーを映像化した作品を集めた「BOOK SHORTSプログラム」を上映。
また、会期中は落語や読み聞かせなどのライブイベントも開催。本日2日19時からはSSFF & ASIAの代表を務める俳優・別所哲也が来場するトークイベントを開催。3日には「日本を旅するプログラム」に合わせて落語家・春風一刀が、人とのふれあいを題材にした古典落語を上演する。他にも「VR シアター」ではヘッドセットを装着し 360度全面が見渡せるVRの映像作品を楽しむことができる(1回300円)。
映画館さながらとなった会場では、映画パンフレットなどの閲覧コーナーや、ワインやビールが楽しめるコーナーなども登場。デパートで映画鑑賞を楽しむ、レアな機会をお見逃しなく!

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.