画像: 恵比寿ガーデンプレイスにきらめき、冬のイルミ灯る

恵比寿ガーデンプレイスにきらめき、冬のイルミ灯る

恵比寿ガーデンプレイスの冬の風物詩「Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-」が3日、点灯した。
この日行われた点灯式では、アーティストの土岐麻子がライブ。「12月に9月21日のことを振り返って歌った曲」と、アース・ウィンド・アンド・ファイアーのヒット曲「September」を優しく歌いながら流れるように「スリー! ツー! ワン!」と、会場に集まった大勢の人たちと一緒にカウントダウン。シャンデリア、恵比寿ガーデンプレイス内のクリスマスツリーやイルミネーションも一挙に灯ると「わあっ~」と歓声が広がり、一帯は温もりのある光に包まれた。
シャンデリアは、高さは約5メートルで幅は約3メートル。使用されているクリスタル―パーツの総数は8472ピース、ライトは250灯。約70人のクリスタル職人が約5380時間をかけて制作した。
世界最大級のバカラシャンデリアを展示するイベント。19回目の今年は、バカラによる世界で初めてのシャンパンバーも併設。シャンデリアを見ながら、バカラのグラスでシャンパンで乾杯もできる。バーは、クリスマスの12月25日まで毎日、平日は17時~21時、土日祝日は13~21時まで。
シャンデリアは2019年1月14日まで毎日11~24時、イルミネーションは2019年2月28日まで16~24時、クリスマスツリーは12月25日まで16~24時まで点灯。クリスマスまで、ヨーロッパ各地で開かれるクリスマスマーケットをイメージしたChristmas Marche(クリスマス・マルシェ)も登場する。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.