画像: スーパー・フェザー級前王者・郷州征宜が復活かけ山本直樹と対戦【12・16 Krush】

スーパー・フェザー級前王者・郷州征宜が復活かけ山本直樹と対戦【12・16 Krush】

2019年のスーパー・フェザー級戦線を占う2試合がラインアップ
2018年のKrush最終大会となる「Krush.96」(12月16日、東京・後楽園ホール)の第3弾カード発表会見が6日、都内で行われた。
今大会では王者・島野浩太朗に大岩龍矢が挑戦する「Krushスーパー・フェザー級タイトルマッチ」が開催されるのだが、2019年の同級のタイトル戦線を占うような2試合が組まれた。
前王者の郷州征宜が復活を目指し、出陣。山本直樹と対戦する。
郷州は今年3月に行われた「K'FESTA.1」での「K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント」の1回戦でデニス・ウォーシックに勝利を収めたものの、準決勝で武尊に敗退。6月にはKrushで島野に敗れ王座陥落。9月のK-1ではスーパーファイトでスアレック・ルークカムイにも敗れ、現在3連敗中。
「今、連敗中で、しかも前回の試合では自分らしさを見せられなかった。今年最後のKrushでは自分らしさを見せたい。山本選手は友尊戦を見ましたが、うまい選手で畳みかけに行く時は強い選手だと思う。でもこんなところで負けてはいられない。死に物狂いで勝利をつかむ姿を見せたい」と復活を誓った。
対する山本は今年3月のKrushで島野に敗れたものの、その後2連勝。昨年から今年にかけては7勝(3KO)1敗とタイトルに手が届く位置まで駆け上がってきた。
山本は「郷州選手はチャンピオン経験者でもある強豪なので、タイトルに近付くためにも何が何でも勝ちに行きたい」などとベルトに対する思いを語った。
西京佑馬は初めての国際戦
もうひと試合は西京佑馬vsアリ・ザリンファー。
西京は昨年4月のデビュー以来、5戦4勝(1KO)1敗の成績を誇る。その1敗はキャリアで大きく勝る強豪レオナ・ペタス。デビュー4戦目でそのクラスの選手とマッチメークされること自体が西京のポテンシャルを物語る。
今回は初めての国際戦となる。
対戦相手のザリンファーはK-1の9月大会で開催された「初代クルーザー級王座決定トーナメント」を制したシナ・カリミアンと同じ、イランのWSRフェアテックスジムに所属する26歳の新鋭。10月21日に開催された「M-ONE 2018 FINAL」では堀口貴博を1RKOで破りWPMF日本スーパー・フェザー級王座を獲得している。
西京は「今年最後の試合でしっかり勝ってトップ戦線に入れるように頑張りたい。外国人選手は初めて。ちょっと怖い部分はある。パワーでは負けると思うので、その他の部分でしっかり勝てるようにする。しっかり相手の攻撃を見てカウンターを当てたり、自分が行ける時はしっかり行って、そういうメリハリをつけて勝ちたい」、ザリンファーは「K-1でも戦えるようにいい試合を見せたい。同じ国のカリミアン選手がベルトを獲ってうれしい。60kgは自分がベルトを獲って帰りたい。ここで何かを喋るより私の試合を見てください。いい試合をします」などとそれぞれ語った。
スーパー・ウェルター級では神保克哉vs平塚洋二郎の異色マッチ
スーパー・ウェルター級では神保克哉vs平塚洋二郎の一戦が行われる。
神保は今年5月の「KHAOS.5」で和島大海にKOで敗れ、同世代のライバルの後塵を拝する形となったが、9月に中国の「万茗堂GLORY OF HEROES.34in銅陵」に参戦。判定ながら復活の勝利を挙げた。
平塚はKrush初参戦。空道の大道塾で師範代を務め、今年10月にはJ-NETWORKスーパー・ウェルター級王者に輝いている。
Krushの会見に出席する選手には「フォーマルな服装で」というお達しがあるのだが、この日、神保は入場時のコスチュームである特攻服で登壇。
「中国で試合をしてきたが、これを“着るな”と言われた。もっと世の中に知らしめたほうがいいのかなと思って、このフォーマルな格好で来ました」と特攻服で来た理由を明かした。
試合については「最近、KOが少ないので12月16日はKOを見せます。平塚選手にはKrushの怖さを思い知らせます」と話した。そして「平塚選手は素手の殴り合いが得意らしいんですが、自分も素手の殴り合いは得意なんで」「どこでも強い選手はモテる。中国でも女の子受けが良かった」などと不良キャラを全開させた。
平塚は神保のいで立ちと振る舞いに「プロのリングですので、大事だと思います」
対する平塚は「神保選手、非常に若くていいですね。私、結構いい年なんですが、このルールでは経験値は圧倒的に神保選手のほうが上。挑戦者なので、挑ませていただきたい」と話す。
また空道は「社会体育としての武道」を理念に掲げているのだが、それとは対極にある神保のいで立ちと振る舞いについては「プロのリングですので、これは大事だと思います。私は社会体育としてやりますので。今日も仕事をしてから来ましたし、この後も仕事をします」と淡々と話した。
Krushのスーパー・ウェルター級はジョーダン・ピケオーが長く王座に君臨。「敵がいない」と11月のK-1では階級を下げて木村“フィリップ”ミノルと対戦するといった状況となっている。
王座については神保は「ピケオーは誰にも負けてない。ここで俺が勝てば面白いと思う。自分、マジで最終兵器だと思っているんで楽しみにしていてください」、平塚は「このルールに挑戦する以上は一番強い人とやりたい。イコールチャンピオンになると思う。そこを目指してやっていきたい。それを通過点として、理想の空手を極めたい」とそれぞれベルトに対する想いを口にした。
この日は女子アトム級の「C-ZUKA vs福原優」「高梨knuckle美穂vsMOE」の2試合とプレリミナリーファイト「久保一馬vs勇治」「山浦力也vs斗麗」の2試合が合わせて発表された。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.