画像: 平原綾香が羽田で「Jupiter」! 冬季イルミネーション点灯式

平原綾香が羽田で「Jupiter」! 冬季イルミネーション点灯式

平原綾香が14日、羽田空港国際線旅客ターミナルで行われたイルミネーション点灯式に出席した。
空港利用客や平原のファンなどたくさんの人と一緒に「3、2、1、テイクオフ!」という空港ならではのカウントダウンの掛け声でレバーを押して点灯すると、空港のあちこちがキラキラと輝きだした。
国際線ターミナルが好きで、飛行機に乗らずとも、食事や買い物のために訪れることもあるという平原は「羽田空港のイルミネーションは何度か見たことがあるんですが、点灯式に参加させていただくのは初めてなので、ファンとしてはすごくうれしいです」と、興奮気味だった。
平原はスペシャルライブも展開。中国民謡の「茉莉花(ジャスミン)」のアカペラに始まり、「CHRISTMAS LIST」「Happy Christmas(War Is Over)」とクリスマスソングの日本語カバーを披露。そして「Jupiter」をイルミネーションのキラキラした光を浴びながら、壮大に歌い上げた。
最後は、羽田空港に近い大田区羽田小学校の子どもたちも加わって、平原の『星つむぎの歌』を平原と一緒にパフォーマンス。平原は「素晴らしかった! ユニゾンで歌ってくれるのだと思っていたから、ハーモニーや追っかけまで全部練習してきてくれて! 天才!」と、大絶賛だった。
この日は空港や旅に関するトークも。旅は好きなようだが「すごく方向音痴なので、帰ってくるぞ!といきます」と話すと、笑い声が上がった。また「空港には物語がある」とし、そこからインスピレーションを得たこともあると話した。
イベントの模様は、ニッポン放送で12月31日に放送される。
今年のイルミネーションのテーマは「羽田 Sky illumination 誰も見たことのない光 2018-2019 ~LIVE GATE to 2020~」。国内はもちろん海外から訪れる人の東京、そして日本の玄関口にふさわしく、京都百山の孟宗竹約100本を約13万灯で照らすなど日本を感じる装飾が特徴になっている。2019年2月14日までの毎日、16~24時で点灯する。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.