画像: 海人が宣言通り世界トーナメント完全優勝【11・18 SB S-cup】

海人が宣言通り世界トーナメント完全優勝【11・18 SB S-cup】

1回戦では韓国のチョ・ギョンジェを1RKO
シュートボクシング(SB)の2年に一度の祭典「SHOOT BOXING S-cup 65kg 世界 TOURANAMENT 2018」(11月18日、東京・両国国技館)で行われた世界トーナメントでSB日本スーパーライト級王者の海人が決勝で UMAを破り優勝した。
海人は1回戦で韓国のMAX-FC推薦選手であるチョ・ギョンジェと対戦。1R2分16秒、KOで勝利を収めた。
1R序盤は様子見の2人だったが、海人がいきなり仕掛け右ストレートでダウンを奪う。立ち上がったチェだったが海人の右ストレートで2度目のダウン。トーナメントは2ノックダウン制なことから海人のKO勝ち。海人はほぼノーダメージで1回戦を突破した。
準決勝では難敵・健太を出血TKO
海人の準決勝の相手は健太。
2人は昨年行われた「SB日本スーパーライト級王座決定トーナメント」の決勝で対戦。一進一退の攻防を繰り広げ、判定で海人が勝利を収め、王座を獲得した。しかし1人がドローの2-0という際どいものだった。
海人は1Rから右ローからのパンチの連打、コーナーに詰めての飛びヒザなどアグレッシブに攻め込んでいく。雪辱を期する健太はローで海人の攻撃を止め、終盤にはハイキックからパンチにつなげるなど一歩も引かない展開となる。
2Rは試合後「タイミングをつかめていなかった」(海人)ということで防御の時間が長かった海人だったが、3Rには一気に攻撃に移行。コーナーに健太を詰めるとパンチ、ヒジにヒザの乱れ打ち。この攻撃で健太は鼻から出血。ドクターチェックが入ると、そのままドクターストップとなり3R、TKOで海人が決勝に進出した。
UMAがドクターストップの鈴木真治に代わり決勝進出
準決勝のもう1試合は鈴木真治vsUMAで行われ、2-0の判定で鈴木が勝利を収めたのだが、試合後に眼窩底骨折の可能性が高いと診断されドクターストップ。 UMAが決勝で海人と戦うこととなった。
UMAは元REBELS 65kg級王者であるのだが、今大会はキレのいい投げを多用。1回戦のランボー・ペットポートオーには2度、準決勝の鈴木戦は1Rに投げで先制している。
海人がUMAもローキックで沈める
UMAはゴング後、グローブを合わせた直後に飛びヒザ。そしてパンチの連打を見せる。さばいた海人だったが、距離が詰まったところで UMAが組みついて首投げ。これは高さが足りなくノーポイントだったが、 UMAは短期決戦で勝利を目指す。
しかし反撃に出た海人はパンチの連打からヒザ蹴り。そしてローキックを放つとUMAはダウン。鈴木戦でローキックで大きなダメージを受けていたことからセコンドがタオルを投入。海人がTKO勝ちを収めた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.