画像: りゅうちぇるら出演のジェンダーフリーなCMが話題!「そんなつもりなかった」

りゅうちぇるら出演のジェンダーフリーなCMが話題!「そんなつもりなかった」

りゅうちぇるが19日、都内で行われたスマホ向けの人気ゲーム「モンスターストライク」(以下、モンスト)のPRイベントに出席した。イベントには、トランスジェンダーでモデル、女優の西原さつきも登壇してトークした。
出演しているモンストと「美少女戦士セーラームーン Crystal」のコラボキャンペーンCMが好評。 男性のユーザーが多いなかで、もっと女性にもモンストで遊んでほしいという思いから実現したキャンペーンで、「楽しいことも、ジェンダーフリーに。」がテーマ。りゅうちぇるを始め、お笑いコンビのメイプル超合金、モデルの多屋来夢がセーラームーン姿で登場し、「セーラームーンは女のもの? モンストは男のもの? そんなのもう古いでしょ」「変身願望に男も女もない」「壁なんて壊して、みんなで熱くなろうよ」と固定概念にとらわれることなく、「自分が好きならそれでいい!」と好きなもので熱くなろうと呼びかけている。
りゅうちぇるはセーラーマーキュリー姿。セーラー服にキラキラのアイメイクで「ワクワクルンルンで撮影に臨んだ」そうだが、「セリフとか格好良くて素敵で。僕も同じことを思うな、と。気持ちを込めて撮影できた」と振り返った。
「小さいころから普通の男の子と違くて、男の子だし女の子が好きなんだけど、かわいいものが本当に大好きで、メイクにも興味があった。大人になって、周りの目が怖くてそれを隠していた時もあったけれど、自分の好きなものを信じてきた。だからこそ運命の人に出会えて、自分を分かってくれる仲間やお仕事に出会えた。自分を人に判断させるよりも、自分の人生自分で決める。だから、ジェンダーフリー。生き方も、好きな服も、好きなメイクも、自分色で楽しんでいこう。そのほうが人生楽しめるし、自分の未来も広がると思っていたので、この撮影は楽しかったです」
16日からオンエアが始まったCMだが、「感動した」という声がSNSに広がるなど、予想していなかった展開になっているという。「こんな深いCMになるとは思わなかった」と、りゅうちぇる。
「本当に心揺さぶられましたとか、自分からYouTubeにCMを探しに行ったのは初めてだとか、すごい(反応が)きて。すごいうれしいんだけど、そんなつもりなかったのでびっくりしました。すごく素敵なセリフを言わせてもらったので、それはすごく感動したていたんですが、思った以上の反響でした」
実際、撮影時には、「なんか普通にかわいい格好しているし、カズレーザーさんとか超ウケるしー。本当に面白い感じのにぎやかな感じだった」という。
ジェンダーについて語られることが多くなり、いろんな生き方があってもいい、いろんな種類があっていいという考え方が浸透する中で、ジェンダーフリーという考え方にも少しずつではあるが理解が広がっている。
「ああいうファッションは珍しい、あんなに声が高くてジェスチャーが女の子っぽいんだったら絶対男の子のことが好きなんじゃないって言われた。でも、結婚とかして、自分が家族に対する態度とかSNSを通じて表現させていただくことで、みんな僕のことを見る目を変えてくれた。性別とか年齢で判断せずに人として見てくれるようになった」
人の数と同じだけ「いろんな生き方」「いろんな種類」があっていい。りゅうちぇるもまた、そのひとつ。
「ずっと続けていけば、何事も当たり前になったり慣れになる。最初テレビに出させていただいたころは、何だこいつはみたいに言われましたけど、続けることで、りゅうちぇるのスタイルだってなってきた。続けることって勇気がいるし、最初にやるってことって前例がないからドキドキするけど、続けていくと価値になるし文化になるんです」
イベントのシメでは「性別や年齢に捕らわれず、それぞれの色の生き方があっていい。それ信じて生きてきたからこそ自分の人生は広がった。そういう生き方ができれば社会が変わる。このCMは15秒と30秒と短い時間なのにこの気持ちが一瞬でみなさんに届く、魔法のかかったようなCM。明日からこうやって生きてもいいよねって自分が変わるきっかけにもなるCM」と、熱弁を振るった。
西も「男性も女性もゲームを楽しんで、これをきっかけに、ジェンダーフリーに対する理解が深まればうれしく思う」と、話した。
モンストのPRイベントが「こんな深いものになるとは思わなかった」。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.