画像: 篠原悠人「“関西から”ということにこだわりたい」【12・8 大阪K-1直前インタビュー】

篠原悠人「“関西から”ということにこだわりたい」【12・8 大阪K-1直前インタビュー】

「トーナメントはその日、強かった人が優勝する。その日に強くなれるように頑張る」
今回、大阪大会が決まった。地元開催についてはどういう感想を?
「今まで東京に出てきて試合をしていたんですが、地元の大阪でやれるとなったら応援に来てくれる人も多いので、そこはいつもより気合が入るかなって感じです」
プロになってからは試合はずっと東京?
「そうですね。ずっと東京です。アマチュアでは大阪で試合をしたことはあります」
プロとアマでは感覚は違うと思うが、大阪での試合は気分的には楽? プレッシャー?
「いつもより負けられないという気持ちは強いです。でも計量などは、いつもは減量した状態で新幹線に乗っていたので、そのへんは楽になるんだろうなって思っています」
いつもは?
「計量の日に新幹線に乗って東京に来るんですが、新幹線や電車に乗っての移動が結構きついんです。大阪だと午前中に体重を落とせると思うのでコンディションは全然違うと思います。今回はいつもより2.5kg落とさなければいけなくて、ちょっと早く取り掛かろうかなと思っているので、地元で試合ができるというのはなおさら良かった。調整しやすいです」
篠原は現在、Krushでは-65kg以下のスーパー・ライト級王者に君臨。今大会では-62.5kg以下の「K-1ライト級世界最強決定トーナメント」に出場し、1回戦でゴンナパー・ウィラサクレックと対戦する。
「この前の8月の試合の後にメンバーだけちらっと聞きました。ゴンナパー選手とやるというのは最近決まったんですが、メンバーを見ると僕以外の日本人選手はみんなゴンナパー選手に負けているので、組み合わせ的にゴンナパー選手とやるのは僕しかいないだろうなと思って練習していました」
ワンデイトーナメントはK-1甲子園以来となる。
「プロとアマチュアでは全然違うので、あの時の経験は参考にならないと思います」
優勝のためには1日最大3試合。その対策は?
「どんだけ試合を早く終わらせられるかにもよると思うんですが、3試合戦えるスタミナがないと無理やと思います。でもトーナメントなんで何が起こるか分からない。その日、強かった人が優勝すると思うんで、その日に強くなれるように頑張ろうかなと思っています」
気になる選手は?
「僕は人に対してあまり興味がなくて(笑)。強いて言うなら、チャンピオンで優勝候補だった卜部功也選手とやってみたいとは思っていたんですが、欠場されてしまうので...。まあでも、もともと上がってきた人とやるという気持ちでしたので、そんなに意識している選手はいないです」
1回戦で戦うゴンナパーはKrushのライト級王者で、卜部功也を破ったこともある強豪なのだが...。
「みんなが“強い強い”って言っていますよね。でも根拠はないんですが、なんか勝てる自信があるんです(笑)」
ゴンナパーは会見では「篠原選手の試合は見ていない」と言っていた。
「それくらいのほうがいいなと思っていました。ナメてかかってきてくれるほうが倒しやすい」
見たことないわけないのに、そういうことを言うのは逆に意識しているのかと...。
「ああ、なるほど。どうなんですかね。“見てない”とか言うんだろうなとは思っていたんですけど(笑)。倒すチャンスが増えるので、ナメてかかってきてくれたほうがいいんですけどね」
この大会をステップにして、今後どういう目標を持って戦っていく?
「今回、ベルトがかかっていると思っていたんですよ。 “優勝したら挑戦できる可能性がある”っていうことになっているのは会見に出るまで知らなかったんです(笑)。なので、ここで優勝したらタイトルマッチに近づくのかなとは思っています。ライト級でK-1のチャンピオンになりたいなという思いはずっと持っていたので、まずはそこを目指して頑張っていきたいです」
大阪のいいところは「人が基本的に優しいことですかね。良くも悪くもですけど」
ベルトがかかっていると思っていたということは、ライト級のチャンピオンが誰かということはあまり意識していなかったということ?
「いえ、チャンピオンなのにトーナメントに出るというのは、どういうあれなんやろ?とは思っていました。ひょっとして返上するのかな?とか」
ではベルトがかかっていなくて一瞬、拍子抜け?
「“ベルトが獲れたらラッキーやな”くらいに思っていたんで。Krushのベルトも今年獲れて、K-1も今年獲れたらラッキーって思っていたんですけど、そうは上手くはいかなかった。挑戦権だった(笑)」
チケットが早くに完売。その発表の後にもK-1事務局には問い合わせが殺到しているらしい。
「トーナメントに出ることは公表したらアカンって言われていて、僕も周囲には“まだ分からないんです”って言っていたんで、チケットが取れていない人が何人もいるんです。そこは確保しておいてほしかった(笑)。メッセージで“チケットないですか?”とか結構来ているんですけど、今のところ“ないです”としか返せてない。来たいと言ってくれている人がまだまだいるんで、なんとか増席とかしてほしいんですけど...」
今大会は東京をはじめ、大阪以外からのファンも駆けつけそう。そんな人たちのために大阪のおススメポイントを教えて。
「人が基本的に優しいことですかね。良くも悪くもですけど」
良くも悪くも?
「フレンドリーな感じ。距離が近い。初めて大阪に来る人は戸惑うかもしれないけど、いい雰囲気なんで。東京とは全然違うと思います」
東京と大阪、人の接し方はそんなに違う?
「僕は大阪の人のほうがフレンドリーな気がします」
大阪出身で東京に来て長い人は東京っぽくなる? それとももともとの気質は変わらないもの?
「どうなんでしょうね。僕はそんなに口にはしていないんですが、“関西から”というのは意識しています。関西出身の選手はたくさんいるんですけど、関西で練習している選手は多分あまりいない。僕はそこにこだわりたいという思いがあって、大阪で練習して、大阪を拠点にして東京で活躍するというのが一番いいと思っている。なんか、“大阪”って言っておいて、結構東京に行ったりしている人もいるんですけど、それはなんかちゃうかな?って。これは僕の中で思っていることですけど。だから僕は大阪から行きたいなというのがあるんです」
篠原は昨年2月に中澤純に敗れて以降、6連勝で今年8月にKrushのベルトを獲得。文字通り“関西から”王座獲得に成功した。それに続く2つ目のベルトへ今回のトーナメントは優勝が絶対条件となる。
そして地元に拠点を置く篠原の活躍は今後、大阪大会を継続開催していくうえでの大きなポイントとなる。篠原は現在19歳の現役大学生なのだが、その両肩にかかる期待と責任は意外に重い。(本紙・本吉英人)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.