画像: 【徳井健太の菩薩目線】第8回 無駄な売り込みアピールは、承認欲求の不法投棄だから止めよう

【徳井健太の菩薩目線】第8回 無駄な売り込みアピールは、承認欲求の不法投棄だから止めよう

今年の秋口に、5年ぶりに舞台(吉本興業の神保町花月)に出演したの。出演者は、NSCを卒業して5年目、3年目、1年目の若手。そこに18年目の俺が特別出演するという具合。多分、吉本とすれば、中堅の俺とコラボすることで、若手に何かを学んでほしいという思惑があったんだと思う。
結論から言うと、なかなかの地獄だったなぁ。若手と絡むのは、本当に難しい。世のアラフォー上司たちの気持ちが分かった。特に、1年目。笑っちゃうくらい失礼なの......まぁ、思い返せば、俺たちも1年目のときはそうだったのかもしれないから、尻がこそばゆいけどさ。
一人(A男)は、いきなり俺に、「徳井さん! 売れるにはどうしたらいいっすかね!? 何が必要っすかね?」と、のたまってきた。知らないよ。ゼロ距離でいきなりタメ口で聞いてくるのもおかしいし、俺は全知全能じゃないんだし。ちなみに、マジックが得意らしくて、「見てくださいよ!」って無理やり見させられたけど、普通だった。
もう一人(B男)は、「徳井さん、オレって、今までスベッたことないんすよ」と大放言。嘘じゃん。大ウソつきじゃん。「∞ホールのランキングはどこにいるの?」って聞いたら、「∞には出てないんすよ。参加するためのメールが届かないんですよね」と。犯罪予備軍ですよ。平気で嘘をつくようになったら、限りなく赤信号に近い黄色信号ですよ。「M-1にエントリーはしてないの?」と聞くと、「なんかM-1は違うんですよね」だって。M-1が違うんだったら、この業界、何が正解なんだよ。ちなみに、「NSC時代に目立たなかったのは、あえて力を抜いていたから」らしい。達人?
最後の一人(C男)は、「オレはウォッカだったら、どんだけ飲んでも酔わないんです」と言い張る。で、千秋楽後の打ち上げで、試しにウォッカを飲んでもらったら、2分の1瓶で熟睡した。無理に飲ませるようなことはしてないよ。俺は、バカの巻き込み事故に遭遇すること以上に、愚かなことなんてないと思っているから。
たしかに、芸人を目指すような若い奴なんて、相対的にポンコツが多いと思う。でも、これはないよねぇ。仮に、俺ごときに舞い上がっていたとしても、売り込み方が違うじゃない。嘘をついてでも気に入られたい、話したいのかもしれないけど、誰もハッピーにならない売り込み方は、ただの承認欲求の不法投棄。俺という敷地に、「オレ(私)って、こんな人間なんす!」って、俺からしたら不必要なもの、言うなれば廃棄物をドサっておいていくようなもんじゃん。犯罪行為だよね。
俺たちも1年目のときは、たしかに生意気だったかもしれないけど、目上の先輩が怖かったからさ。こんな態度はできなかったよね。今の若い子たちに罪はないと思うけど、“コワさ”とか“畏怖の念”みたいな重石がどんどんなくなっていっているんだろうね。別に、「体育会系万歳!」とか「縦社会万歳!」ってわけじゃないよ。重石がなくなって、いろいろと舞い上がっちゃうって話。それで飛んでって、よく分からないところに不時着しなければいいけどね。
どの業界にも言えると思うんだけど、若手って「あの先輩にハマれば仕事がもらえる」って思いがちだよね。はっきりって幻想。そんなことはマジでない。ハマったところで、「売れる」「(能力が)伸びる」かどうかは別問題なんだよ。自分のスキルを磨く時間をおろそかにして、ただハマろうと必死になっている若手がいたとする。良い先輩が近づいてくる? そんな奴に大事な仕事を分け与える? ましてや、俺にハマろうとしていたんだとしたら、こんな残酷物語はないよ。お前らにも選ぶ権利はあるんだから......俺じゃないだろ。せめて自分と同じ属性のニオイくらいは嗅ぎ分けようよ。
結局、誰一人として若手とは連絡先を交換することはなかった。その後、彼らがどうなったかも知らない。......まぁ、興味ないんだけどさぁ。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.