画像: 【インタビュー】青柳翔×町田啓太×鈴木伸之 SABU監督最新作『jam』に劇団EXILEの全メンバーが総出演!

【インタビュー】青柳翔×町田啓太×鈴木伸之 SABU監督最新作『jam』に劇団EXILEの全メンバーが総出演!

「主人公の3人は皆それぞれ、どこか欠落している人物なんですよね」青柳翔
熱狂的な熟女ファンに支えられ華やかな舞台に立ちながらも心に空虚感を抱える場末のアイドル演歌歌手・横山田ヒロシ。神様が意識不明の恋人を救ってくれると信じて善行を続けるタケル。自分を刑務所に送ったヤクザに復讐するため単身、殴り込みをかけるテツオ。まったく異なる状況にある3人の主人公の運命が、交差しながら響き合い、やがて怒涛のクライマックスに突入する...! 三者三様の主人公と物語、テイストが入り乱れるまさにjamのようなエンターテインメント。
青柳翔(以下:青柳) 「僕が演じるヒロシは場末のアイドル演歌歌手という役どころなんですが、SABU監督の脚本もすごく面白くて、難しくもやりがいのある役だなと思いました。ヒロシ自身は真剣なんですけど、作っている曲がちょっと滑稽だったり、カルト宗教家みたいなファンミーティングをしてたり、あげくにファンに拉致されるという、いろいろと要素が面白い役でした。まあこの中なら、ヒロシ役は僕でしょうね(笑)。たぶん監督は当て書きしてくれたんだと思います。僕は前作の『MR.LONG/ミスター・ロン』にも出演させていただいていて、何度か食事にご一緒させていただいたり、ベルリンにも同行させていただいたりしているので、きっと監督は僕を眺めながら心の中で、コイツ性根が腐っているなと思われたんでしょうね。だからヒロシのようなキャラクターを当て書きしてくださったんだと思います(笑)」
町田啓太(以下:町田)「僕が演じるタケルは、意識不明の恋人を救うために善行を積み重ねているという、一見すごく良い青年なんですが...ちょっと変態性がある人物なんです。僕もSABU監督からこんなふうに見えているのかな、と思いながらタケルという役を受け止めました(笑)」
青柳「主人公の3人は皆それぞれ、どこか欠落している人物なんですよね。タケルは善い行いをしている良い人なのになんか気持ち悪い感じが、町田の瞳にすごくよく表れていた(笑)」
町田「良い人が行き過ぎると、腹の底が知れない感じがするというか、気味悪くも見える、そういうところを監督が上手く引き出してくださったんだと思います。タケルは神様に恋人を救ってほしくて“見える”までになってしまった人。そういう人物が一線を越えると、けっこうヤバいんだろうな、と。愛情と憎悪が表裏一体の、ギリギリのラインで自分を保っている人物だと思います」
鈴木伸之(以下:鈴木)「タケルは町田くんにぴったりだと思いました。好青年さとか清潔感もあって、一見、すごくイメージ通り。でも良い人が行き過ぎると気持ち悪くも見える感じをすごく上手く表現しているなと思いました。僕が演じたテツオは、まさに“鉄の男”。トンカチを手に片っ端から敵に向かっていく。ほとんどずっとアクションで、セリフは一言も無いという役は今回が初めてだったので新鮮でした。僕はアクションが大好きなので、SABU監督の作品の中で思う存分、暴れ回らせていただいたのは本当に楽しかった。監督からは、後半になるにつれテツオが悲しいヤツに見えるように演じてほしいということを言われていたんですが、脚本の段階からそういう部分がきちんと描かれていたので、僕はただそれをアクションをしながら表現していけばよかった。セリフが無い分、見せられるアクションをやろう、と集中して全力でやらせていただきました」
「今回はSABU監督と青柳さんの悪だくみが半端なかった」 町田啓太
完成した作品を見て、印象的だったお互いのシーンは?
青柳「僕が町田のシーンで印象に残っているのはタケルがハンドクリームを塗る姿の気持ち悪さですね、僕は好きですけど(笑)。鈴木のところは四つんばいになってトンカチを2回叩くところ(笑)」
鈴木「ありましたね(笑)。僕はタケルがブラジャーを拾うところが個人的に萌えポイントでした(笑)。すごく自然な感じで」
町田「そんなに自然だった(笑)?」
鈴木「よく拾ってるのかというくらい自然でした(笑)。青柳さんは、本当にこういう演歌歌手いるよな、と思いましたね。よくこういう役を青柳さんに当てようとしたな、と監督の目の付け所が面白いと思ったし、それがまたぴったりだったので、すごいな、と思って」
町田「青柳さんの歌唱シーンは死ぬほど面白かったです(笑)。台本より膨らんだヒロシがそこにいて、すごいなと思いました。目が笑っていない感じとかもヒロシの性根を現しているようだったし。あと、監禁されているのに歌の練習を本気でやっているシュールな感じとか、あれは青柳さんじゃないと出せないなと思いました。普通だったらただ怖がるだけだったり、サスペンス的になると思うんですけど、青柳さんが絶妙なコミカルさを出していて。完成作を見て、今回はSABU監督と青柳さんの悪だくみが半端なかったなと思いました」
青柳「あの部分、僕は監督にちゃんと確認したんです。後半部分、もはや逃げようとしていないけどいいんですか、って。普通は、ああいう状況で少しでもスキがあれば逃げようとするじゃないですか。だから聞いたら監督は“大丈夫、ヒロシはバカだから!”って(笑)」
町田「その“普通は”というセオリーが全部、覆されるような作品ですよね。とくに青柳さんのパートはそのバランスが難しいのに絶妙だったと思います。のぶ(鈴木伸之)はほぼ全編がアクションで、体格を生かしてダイナミックに、でも俊敏に動けるのがすごいと思った。あれだけの大人数に立ち向かっていくとか普通だったらあり得ないでしょと、なってしまいそうなところも、この人なら本当にいけると思わせてくれる。テツオはのぶにしかできないだろうなと思って見ていました」
「劇団EXILEの新たな可能性を見せることができたと思う」 鈴木伸之
劇団EXILEの総出演も本作の見どころの1つ。
青柳「劇団EXILE全員で映画をやるというのが今回初めてだったので、本当に良い機会を頂いたと思います」
町田「『HiGH & LOW』にそれぞれ出演したことはありましたけど、劇団EXILEだけで、全員そろって映画にというのは初めてでしたからね」
鈴木「今回はこの3人が主人公でしたけど、もしかしたら次は他のキャラクターがメインになっても面白そうですよね。僕たちが右往左往している一方、このキャラクターにはこんなバックボーンがあって、実はそこでまた別の運命が交錯していた...とか。いろいろ膨らんでくる作品になったと思います」
町田「劇団EXILEって、見事に全員が個性バラバラで(笑)、それがこういうふうに集まると相乗効果が生まれるというか。それを発揮できる場が、今後もっと増えてもいいなと思いますね」
鈴木「世代もバラバラだし、みんな個性豊かな人ばかりだから全員そろうといろいろできて面白いですよね。今回の作品で劇団EXILEの新たな可能性を見せることができたと思うので、また違ったテイストの作品も撮れたら面白いだろうなと思います」
青柳「僕らは全員で一緒に歌ったりパフォーマンスをするグループではないから、はっきり言ってあまりまとまりは無い(笑)。でも仲が悪いかというとそんなことなくて、けっこう仲がいいんです。このバラバラ感が集合したときに大きなエネルギーとなっていると思うので、今後もこのような作品を作り上げることができたらな、と思っています」
町田「ファンの人は誰がどんな役を演じているか、それぞれ細かく見てもらっても面白いと思いますし、まったく知らない方も楽しめる、いろんな感情がジャムみたいにつまった映画になっているので、ぜひ劇場に足を運んでいただきたいです!」
鈴木「初めての劇団EXILE映画総出演ということで、僕らにとっても思い入れの強い作品となっているので映画館で見てもらえればうれしいです」
青柳「最高のサスペンスアクション大作なので!」
鈴木「そうなんですか」
町田「“因果応報”は?」
青柳「因果応報サスペンスアクションエンターテインメント大作なので!」
(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
『jam』
監督:SABU 出演:青柳翔、町田啓太、鈴木伸之他/1時間42分/LDH PICTURES配給/12月1日より新宿バルト9他にて公開 https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.