画像: 【FRONT LINE in 韓国】注目ブランド「rolarola」(4)人気の秘密をインタビュー

【FRONT LINE in 韓国】注目ブランド「rolarola」(4)人気の秘密をインタビュー

――ブランド・ショップはいつどのようにスタートしたのですか?
2017年の夏から展開をしています。当時、韓国はとても暗く憂鬱な状況でした。その雰囲気から抜け出し、若者たちがこのブランドを使い活気あふれる生活を送ってほしいという思いから「Happy・Healthy・Humor」の3Hをコンセプトにし、rolarolaを立ちあげました。ショップは2017年の9月にオープンしました。ショップには、3Hを盛り込むために、外観はピンクで映画館のようなデザインに、内観はジムやプール、スケートなど、見ても楽しめるようなインテリアにしています。
――ブランドの特徴や、こだわりはありますか?
rolarolaは「FUNHEALTHY(ファンヘルシー)」ライフスタイルブランドで、面白さも追及しながらも健やかな生活をするというイメージを盛り込んでいます。また、女の子に幅広くrolarolaの服を着て楽しんでほしいと思っています。実際、彼女と彼氏で一緒に着てくれたり、韓国の男性アイドルも着てくれています。
――例えば誰が着ていたのですか?
TWICEのナヨンさんや、少女時代のユリさんなどたくさんの方に着ていただいてます。男性アイドルのBTOBのイルフンさんは帽子被ってくださってましたね。
――そうなんですね!
rolarolaが他のブランドと違うところは”おもしろい”要素があるところなんです。例えば、このように帽子に笛がついていたり。これは友達同士で遊ぶ時に使ってもいいですし、夜中に危ない裏道を歩くときなんかにもオススメな2WAY機能の帽子なんです。こういったところは他のブランドにはないところですね。
――rolarolaはとてもフォトジェニックなお店と海外から注目を浴びていますが、内装やディスプレのこだわりはありますか?
そうですね、最近、“スペースの力”が大切だなとすごく感じていて、楽しく、そして体験ができる空間をつくることに力を注いでいます。面白さは意外性にあると思っていて、rolarolaのショップの外観は映画館のようなんだけど、中に入るとスポーツジムのような雰囲気が楽しめる。そこに意外性を出しています。体験という意味では、どの空間でも自分自身で写真が撮ることができるようなスペースを作っています。外観の映画館のイスをはじめ、中のフィッテイングルームまで。アイテムごとにスケートやプール、バスケなど空間を分けているのもポイントです。
――壁一面インスタ映えです...!
ありがとうございます、それが狙いです!(笑)
――さて、今一番人気のアイテムと、その人気の理由を教えてほしいです!
やはり、ダウンが人気ですね。ショートもロングも人気です。ダウンは昨年から人気は上がっているのですが、rolarolaでは他にはない手袋がついたものが人気です!
――フィットネス系のアイテムが多いですが、韓国でもワークアウトをしている人が増えているのでしょうか?
韓国ではヘルシーライフが拡大していて、体の管理のために運動をする女性が増えています。そういった背景からアスレジャーやフィットネスラインも普段着としても着る人が多いです。rolarolaは体を動かしやすいデザインの服も多く、運動しているときだけではなく普段着としても着こなせます。
――2019年に注目しておいたほうがいいものはありますか?
来年もアスレジャーのトレンドは続くと思います。パステルカラーも引き続きだと思いますが、もう少し明るいパステルカラーが人気になりそうですね。また、rolarolaはセーラー襟のアイテムが多いんです。コートにもワンピース、水着にも。このセーラーアイテムも注目してほしいアイテムです。
――日本の若者は韓国のファッションに注目しているのですが、韓国トレンドを取り入れるためのオススメはありますか?
韓国は最近ストリートアイテムが人気です。rolarolaもガーリッシュxストリートカジュアルで着心地は楽なのにトレンド感が出せるアイテムが多いと思います。スウェットのシャツやフードも多いですが、その下に何を着るかでさまざまなスタイリングができますよね。ミックスアンドマッチが重要だと思います。
――ファッショントレンドをチェックするためには何を見るのがオススメですか?
インスタグラムは参考にしています。流行を把握するために、特定の方を見ているのではなく、さまざまな方を見ています。また、海外のトレンドをチェックするのには有名ブランドのコレクションを参考にしていますね。オンラインではなく、オフラインでしたら実際に韓国の若者が集まる場所へ行き、どのように着こなしているかなどを見に行きます。また、最近ではドイツのベルリンで若者を中心にサブカルチャーやファッションが活性化していると話しを聞くので、そこも注目しています。
――日本の若者のファッションやメイクを持ってどのような印象を持ちますか?
10年前は韓国の若者が日本のファッションやメイクに影響を受けていましたが、最近は日本も韓国も各自個性を生かしている印象があります。個人的には......あまりそこを深く考えたことがなくて、求める答えじゃなかったらすいません。日本の女性は方はかわいらしくて、男性はアウトドアの印象が強いです。韓国はストーリーファッションが流行っているので、フィット感がルーズなんです。日本はもう少しフィット感があるイメージですね。
――最後に韓国のオススメスポットを教えてください!
最近韓国ではギャラリーが増えていて、ギャラリーへ行き展示を見てお茶をするのはどうでしょう。大林(デリム)美術館などもオススメです。また、ソウル周辺の地域にある自然を取り入れたカフェなども流行っていますよ。春や秋の天気がいい日はルーフトップにカフェやレストランが作られている場所が多いので、オススメですね!

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.