画像: インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.35 小野塚勇人(劇団EXILE)

インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.35 小野塚勇人(劇団EXILE)

「本気でプロサッカー選手になろうと思っていた」
――子どものころ、どんな夢を持っていましたか?
仮面ライダーだったので......叶いましたね(笑)。『仮面ライダー アギト』を見たのがきっかけで、年中ぐらいのときだったのかな、アギトに、仮面ライダーになりたいって書いてました。その次がプロサッカー選手。本当になろうと思ったし、真剣にやって、行きたかった市立船橋(サッカーの強豪校)にサッカー推薦で入りました......途中で辞めてしまったけど。
――仮面ライダーになりたかったころは、小野塚さんはどんな子どもでしたか?
ずっと外で遊んでました。「もう、中に入りなさい」と言われてもずっと遊んでいたんで、「じゃあ、外で遊んでなさい!」と鍵を閉められたりして。そうなると、泣いてしまう子が多い中で、僕はそのまんま受け取って「いいの!?」って遊んでました。
――プロサッカー選手を目指すなかで、俳優に興味を持つようになったきっかけは?
最初は、よくある地元あるあるです。友達とカラオケに行って、もともと好きだったEXILEさんを歌ったりすると、うまいうまいと言われて。それで......意識しはじめてしまったんです、ちょっと恥ずかしいですけど(笑)。その頃は、TAKAHIROさんがVOCAL BATTLE AUDITIONに挑んでいるころで、そのあとにはオカザイルがあって、あの歓声がすごいなあ、なんて華やかな世界なんだろうと思ってました。
――そこから本気になるまでには、もう一つステップが必要な気がしますが......。サッカー選手という夢があって強豪校にも進んでいたわけですし。
高校に入ってから、どこかサッカーへの熱が冷めちゃった自分がいたんです。全国レベルの人たちが集まっていたし、練習もきついし。本気でプロを目指していたけど本当に行けるのかなって迷いが生まれたというか、弱みを見せた自分がいたのかな。逃げみたいな。卒業したら歌手目指すかと思って、それなら今行っちゃうかと。サッカーを辞めて、EXPGに入りました。
――お話を聞く限りでは、最初は、俳優ではなく歌だったんですね。
そうですね。EXPGでは歌のレッスンをしていました。オーディションも受けました。三代目 J Soul Brothersさんも、GENERATIONSさんも。でも、落ちて落ちての繰り返し。そんな時に先生に言われたんです。「まだ17~8歳だし、歌だけに固執して選択肢を狭めないほうがいい。演技のレッスンとかも受けてみたらどうだ」って。福山雅治さんも、演技をするし歌も歌う。それはそうだなあって。そんなふうに考えていた時に劇団EXILEの舞台のオーディションがあったんです。ここは一回、歌のことは横に置いて、自分は俳優をやるんだという気持ちで本気でやってみようと。それがきっかけで劇団EXILEに入ることができました。そこから少しずつ、お芝居の楽しさを知ってきた感じです。
――今、夢はかなったという感覚はありますか?
ありますね。サッカー選手から歌、そして今は俳優になりましたけど。俳優であるということに誇りを持っています。俳優になってからのほうが創作意欲が湧いているのを感じますし、演じていても楽しさを覚えるので。
「辞めなければよかったと後悔する人生は絶対に送らない」と決めた
――それでは、俳優になった今の夢ってなんですか?
アジア合作映画に出たいですね。日本と中国、日本と韓国とか、国をまたぐような作品に携わることができたらと思っています。そして、自分のなかで財産になるような作品に出会える俳優になりたいですね。
――それを実現するために何かしていることはありますか?
いい作品と巡り合えるように、いい監督と出会えるように、と思って、一つひとつに真剣に行くことです。何でもやってみるという姿勢で、もらったお仕事はスケジュールが合う限りやろうと思っています。映像でも舞台でも、誰がどこで何を見ていてくれるか分からないですから。
――最後に、小野塚さんと同じように夢に向かっている方にご自身の経験を踏まえて、メッセージをお願いします。
これまでに登場した方も言っていたのではないかと思いますが、夢として思い描いたことを「これは本当になる!」と覚悟を決めると、今やらなければいけないことが明確に見えてきます。もうひとつは、夢って1個ではないよってことです。あの時に歌を本気でやっていたからこそ、今の僕があるんだと思うので。僕、サッカーを辞めたときに「あの時に辞めなければよかったと後悔する人生は絶対に送らない」って決めたんです。今はまだ、「ほら、サッカーを辞めて良かっただろ」って自分に言えるかはどうか分かりませんけど、いつかそういう自分になれるように、魅力ある俳優になりたいなと思います。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.