画像: EXILE TETSUYA、卓球の未来のメダリストを訪問 ダンストレーニングメニューを監修

EXILE TETSUYA、卓球の未来のメダリストを訪問 ダンストレーニングメニューを監修

EXILE TETSUYAが、『U-7卓球選手育成事業“未来のメダリスト”』の強化合宿(11月30日・12月1日、静岡県磐田市磐田卓球場)を訪れ、自身が考案した「卓球ダンストレーニング」を視察した。
日本卓球界で初めてとなるU-7(7歳以下)を対象とした育成事業。世界ランキング上位選手の低年齢化が進む卓球界において、トップに立てる日本人選手の育成を目指すプロジェクト。TETSUYAはそのスペシャルサポーターに就任。それにともない「卓球ダンストレーニング」を監修した。
トレーニングメニューはナショナルチームのアスレティックトレーナーにも相談しながら、Tリーグの開幕戦を見て研究。「卓球の動きがダンスの“アップ”という動きに似ていることからヒントを得たほか、動きのスピードが速いので、選曲もリズムの早いものを取り入れた」という。
強化合宿では、EXILEパフォーマンス研究所(E.P.I.)のインストラクターが子どもたちにレクチャー。TETSUYAはEXILEの曲に合わせて体を動かす子どもたちを見守った。
TETSUYAは「このダンストレーニングをやってくれた子どもたちが、将来、世界のトップで活躍してくれると思うと、感動しました。いつか日の丸をつけて活躍しているところを見るのが自分の夢になりました」と語った。
また、強化合宿については「ダンス界でもこんな合宿があったら素敵」とし、「本当に良い経験をさせていただいて、他の競技でもお声がかかれば、いつでも動けるようにフットワーク軽く、ダンスという切り口で、スポーツ界に貢献していきたい」と話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.