画像: 稲葉友 映画『春待つ僕ら』で生かした学生時代のバスケ経験&モテ経験!?

稲葉友 映画『春待つ僕ら』で生かした学生時代のバスケ経験&モテ経験!?

「映画の話を聞いて最初に思ったのは“バスケができる!”ってことでした(笑)」と屈託のない笑顔を見せる稲葉友。『仮面ライダードライブ』や主演映画『N.Y.マックスマン』などアクションセンスも披露してきた稲葉だが、それもそのはず学生時代は花のバスケ部員。運動神経の良さは折り紙付き!
「単純にバスケができるということだけじゃなくて、俳優になる前に身に着けていたことを仕事に生かせるのが、すごくうれしかったんです」
本作『春待つ僕ら』は“ぼっち”の主人公・春野美月が学校中の人気者である、4人のバスケ男子との出会いを機に恋や友情を知り、成長していく姿を描く。稲葉が演じるのはバスケ男子の1人であるバスケ部1年の宮本瑠衣。
「原作のキャラクターが持つ本質を三次元に立ち上げようと頑張っては見ましたが(笑)、映画では時間の制約があり原作で語られている瑠衣が抱える複雑な思いにまではスポットを当てられていないので、瑠衣の奥行きを表現するのが非常に難しかったです。瑠衣はバスケ部のかわいい弟キャラなんですが実は一番、場を読んでいたりする。かわいい表情をしつつ美月や永久の思いを鋭く読み取っていたりする部分も見えるように、きちんと生きた人間として伝わるように演じていました。そういう、目で語る芝居より単純なかわいらしさを出すほうが難しかったですね(笑)」
不器用な美月とバスケ部員・浅倉永久、美月の幼なじみの神山亜哉との三角関係に胸キュンしつつ、バスケに情熱を注ぐ部員たちの姿が性別世代を超えて共感を呼ぶ作品。本作でもバスケ経験者をそろえ、試合シーンは本物さながらの迫真描写となっている。
「経験者ではありましたけど、殺陣のようにどこを見せるかを意識してプレーしないといけないので、やはり少々勝手が違いました。ただシュートやドリブルなどの基本的な動きや、試合の展開によってどこに意識を向けるか、といったことは経験者らしく動けたんじゃないかなと思います。試合に入ったらもう、監督さんたちが丁寧に撮ってくれるはずだと信頼してカメラを忘れて瑠衣としてプレーに集中していました。実際、コートの中ってすごいんですよ。現役時代にもよく感じていましたが、あの線を越えると完全に別世界。だから僕らもコートに入ったらカメラを意識する気持ちは捨てて、段取り通りのプレーをキメて、後は本当の試合のようにゴールや、仲間や相手の動き、得点版に意識を向けて。そういった試合中の意識の置きどころまで自然と再現できたのは、やはり経験者がそろったからこそだったと思います。何より彼らの絆を表現できたのも、このメンバーと一緒だったからだと思う」
撮影を通して、物語さながらの絆で結ばれた“男子”たち。
「本当にみんなイイ奴らなんです(笑)。僕と磯村勇斗(若宮恭介役)が同じ年で、あとはみんな年下だったので、現場では兄貴役をしないといけないかなと思っていたんですが役柄的には弟キャラだったこともあり、結局みんなでワイワイやっていました(笑)」
稲葉友による人物紹介を!
「北村匠海(浅倉永久役)は人たらし(笑)。一見、クールでとっつきにくいのかなと思われるのかもしれないですが、心を開くとすごく信頼してくれますね。最初の食事会のときに匠海と勇斗が細かいボケを次々投げてきて、僕の癖でそういうの全部拾っちゃうんで、お前ら面倒くせーなと思いつつ片っ端から拾っていたら、いつのまにか信頼関係ができあがっていました(笑)。かわいいヤツだなと思わせる人間性を持ち合わせている人だと思います。小関裕太(神山亜哉役)は、役のせいなのか帰国子女っぽかったです(笑)。よくアニメとかで口笛を吹くリアクションってあるじゃないですか、それをリアルにやったんですよ“ヒュ〜!”って(笑)。雰囲気はふわっとしているんですけど内面はストイックでかっこいい人だと思います。磯村は同じ年の僕から見ても頼りがいのあるヤツです。でも僕は、変態だなと思っていましたけどね(笑)。テンションのふり幅が急に上がり下がりする人がいるけど、彼の場合スイッチのオンオフみたいな感じ。誰よりもバカができるけど、次の瞬間に誰よりも真面目にもなれる。それは役者として最強でしょう。杉野遥亮(多田竜二役)は役のまま、という感じ。まっすぐで熱くて。でもみんな彼をほうっておけなくて助けたくなっちゃう。撮影の合間、彼と2人で芝居のことや仕事のことを話していたときに、目を潤ませながら熱く思いを語ってくれたんです。今後が楽しみだなと思いました。家族に例えると磯村が親父で僕が母親、匠海が長男、裕太が次男、杉野は...末っ子か愛犬(笑)」
そして美月役の土屋太鳳は...。
「僕の俳優仲間にも彼女と仕事をしたことのある人は多くて、話はよく聞いていたんです。あの人すごいぞって。でも土屋太鳳の本当のすごさは会わないと分からないと思った。実際に会ったら想像を軽く超えていました。言葉も行動も、一つひとつに一生懸命。劇中で美月の“がんばれ!”という一言がすごく心に響くんですけど、あれは彼女にしか発せない“がんばれ”だったと思う。あんな人間力を見せられたら、こっちももっと本気出していこう、と思いますよね」
恋、友情、情熱...見る人それぞれが春を待つ気持ちを思い出す作品。
「僕も学生時代に“春”が来ていれば...(笑)。実はモテてた時期もあったらしいんですけどずっと気づかなかったんです。高3のときに“1年の時、女子の人気が半端なかったよね”と言われて“え、そうだったの!?”って(笑)。もっと早く言ってほしかった...まあ今回、映画の中で学校の人気者を経験できて良かったです(笑)」
(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.