画像: ストロー級インフィニティリーグで小巻洋平が優勝【12・15修斗】

ストロー級インフィニティリーグで小巻洋平が優勝【12・15修斗】

小巻「来年はベルトの絡む試合をしていきたい」
プロフェッショナル修斗の「インフィニティリーグ2018 ストロー級」の最終戦2試合が「インフィニティリーグ2018優勝決定戦」(12月15日、東京・新宿FACE)で行われ、小巻洋平の優勝で幕を閉じた。
小巻は試合後の表彰式で「来年はベルトの絡む試合をしていきたい」とアピールした。
小巻はすでに全日程を終了。この日のメーンで行われる箕輪ひろばvsニシダ☆ショー戦で箕輪が1RでKO、または一本勝ちを収めれば箕輪の逆転V、それ以外の結果だと小巻の優勝という条件だった。
箕輪は1Rでの勝利を目指しアグレッシブに前に出るが、ニシダは箕輪のパンチに合わせたタックルで箕輪の動きを止める。そして足を払ってテイクダウンを狙うが、ここは箕輪ががまん。その間も刻一刻と時間は過ぎていく。
逆転優勝の望みがあった箕輪だったがニシダを1Rで仕留め切れず
ニシダのテイクダウンの仕掛けに乗じて逆にバックを取った箕輪はパンチからスリーパーを狙うが、ニシダは腕をつかみしのぐと、箕輪の攻撃のスキを突き立ち上がる。ここから始まった打ち合いで一瞬ぐらついたニシダだったが、ここぞとばかりに飛び込んできた箕輪にタックルを決め、またもコーナーに押し込んでいく。ラウンド終盤はパンチを打ち合う展開となったが、箕輪はニシダをとらえきれず、1R終了のゴング。ここで小巻の優勝が決まった。
純粋にどっちが勝つのかということに焦点が切り替わった2R、ニシダはパンチからのタックルを仕掛けテイクダウンに成功するが、箕輪はニシダを跳ね上げ脱出すると逆にバックを取り、パンチの連打で攻め込みスリーパーを狙う。なんとか腕をつかみしのいでいたニシダだったが、箕輪はバックに乗って、腕をこじ入れがっちりスリーパーに捕獲するとたまらずニシダはタップ。箕輪が2Rでの一本勝ちで勝ち点3を獲得。合計で勝ち点10とし、小巻に続く第2位でリーグ戦を終えた。
42歳・楳沢が最終戦も勝利で勝ち点8の3位に
この日行われたリーグ戦のもう1試合、楳沢智治vs新井丈の一戦は2R4分51秒、肩固めで楳沢が勝利を収め、トータル勝ち点8で3位でリーグ戦を終えた。
楳沢は開始早々、いきなりタックルで新井の動きを止めると投げ気味に引き倒しテイクダウンに成功する。グラウンドの展開に難のある新井はここまで全敗。しかし1勝への執念を見せ、なんとか脱出を図る。しかし楳沢は新井が立ち上がってもすぐにタックルでグラウンドに持ち込むなど主導権は完全に楳沢のもの。2Rも新井のパンチに合わせタックルにいった楳沢がグラウンドで新井を完全にコントロール。マウントから強烈なヒジを何度も新井の顔面に落とし、新井が嫌がって背中を向けるとスリーパー。最後は肩固めをがっちりと決めて一本勝ちを収めた。新井は最後までギブアップせず、手から力が抜けたところでレフェリーが試合を止めた。
他のトーナメント出場選手が全員20代の中、42歳の楳沢が大奮闘。表彰式では「一緒に戦ってくれた仲間や体調管理してくれた妻のお陰でここに立てた。まだもうちょっと頑張ってみます」と挨拶した。
フライ級の内藤頌貴が約1年ぶりの勝利
今年は勝ち星から見放されていたフライ級の世界ランカーである内藤頌貴が小堀貴広と対戦。2R3分42秒、KOで約1年ぶりの勝利を収めた。
1R終盤、内藤が小堀をコーナーに詰めパンチを放つと小堀は右バックブローをカウンターで決める。ダウンした内藤に小堀は一気に飛び掛かりパンチの連打。なんとか立ち上がろうとする内藤だったが、小堀はコーナーに追い込んでなおもパンチの連打。内藤は鼻からおびただしい出血となるが、ここでゴングに救われる。2R開始と同時にドクターチェックが入るが試合は続行。このラウンドも激しい打撃戦が展開され、またも小堀のバックブローに腰を落とす場面もあった内藤だったが、最後は左のストレートで小堀をぐらつかせるとパンチのラッシュで腰を落とした小堀にパウンドの連打を浴びせKO勝ちした。
内藤は試合後のマイクで「2019年はもう1回、上位ランカーをぶっ潰しに行く。何にも言われてないが、5月の30周年記念大会に出ます。お願いします。勝手に決定しました」と5月6日に行われる30周年記念大会への出場をアピールした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.