画像: 島野浩太朗が大岩龍矢を破り初防衛【12・16 Krush】

島野浩太朗が大岩龍矢を破り初防衛【12・16 Krush】

延長にもつれ込む熱戦で2018年最終戦を締める
Krushの2018年最終大会となる「Krush.96」(12月16日、東京・後楽園ホール)のメーンで行われた「Krushスーパー・フェザー級タイトルマッチ」で王者・島野浩太朗が延長の末、3-0の判定で大岩龍矢を破り、初防衛に成功した。
大岩はこれまで何度も相手をマットに沈めてきた右フックを序盤から繰り出し、KOを狙う。島野はそのパンチを食らいながらも左右のボディーブローにヒザ蹴りを大岩のボディーに叩き込む。
途中、島野は大岩のパンチで鼻から出血、バッティングで左の目尻もカットしおびただしい出血の中、大岩と互角の打ち合いを展開する。
3R終盤は大岩がプレッシャーをかけ前に出るものの、島野のパンチが的確に大岩の顔面、そしてボディーをとらえていく。普段だったら倒れてもおかしくないようなパンチを食らいながらも、ジムの盟友・武尊を思わせるような笑顔を浮かべ、立ち続け、そしてパンチを放っていく大岩。2人の攻防に会場は島野コールと大岩コールで後押し。
あっという間の3Rが終了。試合は判定となったが、ジャッジ3者とも29-29のイーブンで延長ラウンドへ。
島野「選手である以上、自分の夢は世界のトップと拳を交えること」
3R終盤から優位な展開となっていた島野が勢いそのままに手数で上回り、延長戦を制した。
島野は試合後のマイクで「先週12月8日にK-1のタイトルマッチが行われ、武尊選手と皇治選手、格闘技、K-1を背負うようなスター選手が最高に盛り上げた大会だったと思います。自分は選手としては不器用なタイプで、このリングに必死にしがみついて一日でも生き残るんだということでチームのみなさんと挑戦しています。今日は自分にとって大きな前進になりました。選手である以上、自分の夢は世界のトップと拳を交えること。全力で成長できるよう頑張りますので、よろしくお願いします」とさらなる飛躍を誓った。
前王者・郷州が延長戦の末、山本に逆転勝ち
この日は島野のベルトを狙う選手たちの試合も行われた。
前王者の郷州征宜が山本直樹と対戦。こちらも延長にもつれ込む熱戦の末、郷州が逆転勝ちを収めた。
1Rからアグレッシブに打ち合う2人。やや郷州が優勢だったものの、ラウンド終了間際に山本は郷州の左ストレートを食らいながらも左ハイをヒットさせダウンを奪う。
立ち上がった郷州だったがダメージは明らか。直後のゴングに救われる。
しかし2R開始から郷州はパンチ、ヒザを繰り出しとにかく前へ。山本も応じて、壮絶な打撃戦となった。そんな中でも郷州の強烈なプレッシャーで山本が下がる場面が目立つようになる。
3Rも後がない郷州はとにかく手を止めずに前へ。会場は郷州コールと直樹コールが二分する。やはり3Rも郷州が手数と勢いで上回る。
判定は1人が29-28で山本を支持したが2人が28-28で延長へ。
ここでも郷州が先手を奪ってパンチを打ち込んでいく。山本も応じ、ここでも壮絶な打撃戦が続く。山本は時折、バックブローを放ち郷州のプレッシャーをかわしにかかるが、委細かまわずパンチを出し続ける郷州にはなんの効果もない。郷州は驚異的なスタミナで試合終了のゴングまで手を止めず、試合は判定となったが、今度はジャッジ3者とも10-9で郷州を支持。1Rのダウンを跳ね返し、郷州が執念の逆転勝利を収めた。
西京佑馬が初の国際戦で秒殺KO勝ち
今回初めての国際戦となった西京佑馬は1R38秒でアリ・ザリンファーに秒殺KO勝ちを収めた。
開始早々パンチの連打にヒザ蹴りで西京をコーナーに詰めたザリンファーだったが、西京はガードをがっちり固めると、ザリンファーの打ち終わりに左フック一閃。いきなりダウンを奪う。立ち上がったザリンファーだったが、レフェリーがダメージを見極め試合を止めた。
西京は今回の鮮やかなKO勝ちで一気にスーパー・フェザー級のトップ戦線に浮上した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.