画像: 軍司泰斗と玖村将史が来年2月にベルトかけ対戦【Krushスーパー・バンタム級トーナメント】

軍司泰斗と玖村将史が来年2月にベルトかけ対戦【Krushスーパー・バンタム級トーナメント】

軍司は今回も椿原に苦戦。僅差の判定で勝利
Krushの2018年最終大会となる「Krush.96」(12月16日、東京・後楽園ホール)で行われた「第6代Krushスーパー・バンタム級王座トーナメント」準決勝で軍司泰斗と玖村将史が勝利を収め、「Krush.98」(2019年2月16日、東京・後楽園ホール)で行われる決勝に駒を進めた。
軍司はプロアマ通じて3回戦い、1勝2敗と負け越している椿原龍矢と対戦した。
この2人の対戦は常にどちらが勝ってもおかしくないような内容なのだが、今回も3Rが終わった時点でジャッジ3者ともイーブンの0-0で延長ラウンドに突入。
延長は前半こそ椿原が手数で勝ったものの、軍司は終盤、ボディーフックで椿原の動きを鈍らせ、終了間際にはロープに詰め左フック、右ストレートの連打で追い込むシーンを作った。
延長の判定はマストシステムなことから会場が固唾をのんでコールを待つ。2人のジャッジが割れる中、最後の1人は10-9で軍司を支持した。
玖村がサラビアに競り勝つ
玖村はビクトー・サラビアと対戦。こちらも延長にもつれ込む熱戦となったが、玖村が3-0の判定で勝利を収めた。
玖村は1Rから左のジャブでペースをつかみかけるが、サラビアはパワフルなフックを振り回しカウンターを狙う。サラビアは玖村のミドルには右フックを合わせ、左右のボディーで攻め込んでいく。玖村はラウンド終盤、飛びヒザをヒットさせパンチの連打につなげるなど、1Rから両者アグレッシブに動き回る。
サラビアは2R終了間際にはパンチの連打で玖村をぐらつかせ、3R序盤には右ストレートで玖村をロープに吹っ飛ばすなど、印象的な場面を作るが、玖村もラウンド終盤盛り返し、3Rが終了。
判定は1-1でドローとなり延長戦へ。玖村は前蹴りを多用し、サラビアのパンチを封じてはジャブにミドルでポイントを稼いでいく。
延長はジャッジ3者とも10-9で玖村を支持。玖村が決勝へ駒を進めた。
この試合後に軍司もリングに上がり「次の2月16日は(玖村は)パンチの選手なのでしっかり練習して最高の試合をしたい」、玖村は「今日はしょっぱい試合ですみません。大きいことを言ったから次はしっかり練習してきてKOで倒してチャンピオンになりたいと思います」などとそれぞれ話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.