画像: 高梨が大阪のJKファイターMOEを返り討ち【12・16 Krush】

高梨が大阪のJKファイターMOEを返り討ち【12・16 Krush】

高梨が2Rにストレートでダウン奪う
Krushの2018年最終大会となる「Krush.96」(12月16日、東京・後楽園ホール)で女子アトム級のカードが2試合行われた。
初代王者の松下えみが王座を返上したことから来年、王座決定トーナメントが開催されるのだが、この日の試合はそれに向けた査定試合の意味合いを含むものとなった。
第1試合では高梨knuckle美穂とKrush初参戦の大阪のJKファイターMOEが対戦。
1Rから高梨がプレッシャーをかけて前へ。しかしMOEは左のフックをクリーンヒット。その後も左ストレート、左ジャブと左のパンチが的確に高梨の顔面をとらえていく。
2Rに入り、高梨がローから試合を組み立て始めるとMOEは前蹴りで対抗。そこからパンチの打ち合いになっても互いに一歩も引かない。
終盤、打ち合いからMOEの左がヒットするも、高梨は狙いすました右ストレートを打ち抜きダウンを奪う。すぐに立ち上がったMOE。
3Rは高梨は左のロー、右ミドルから上へパンチ。MOEはパンチを出すが距離が遠くクリーンヒットには至らない。高梨のプレッシャーが相変わらず強い中、MOEも押し返し、中央で打ち合いに持ち込む。しかしともに決定打とはならず、試合は判定となり、2Rのダウンがものをいい、高梨が3-0の判定勝ちを収めた。
C-ZUKAが福原優に判定勝ち
C-ZUKAと福原優の一戦はC-ZUKAが3-0の判定で勝利を収めた。C-ZUKAは長いリーチを生かしたミドルキックでペースをつかむとミドルからパンチの連打につなげ、福原に付け入る隙を与えない。なんとか飛び込んでパンチを当てたい福原だったが、ミドルをさばくことができずなかなか反撃することができない。ガードを固めC-ZUKAの打ち終わりに何度かフックをヒットさせたものの単発に終わってしまう。終始、C-ZUKAが自分のペースで試合を進め、判定ながら危なげない勝利を飾った。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.