画像: 王者なりたてのアスカが盟友ナオミを相手に初防衛【12・18 WWE】

王者なりたてのアスカが盟友ナオミを相手に初防衛【12・18 WWE】

アスカ、ベッキー、シャーロットが激しい舌戦を展開
WWE「スマックダウン」(現地時間12月18日、カリフォルニア州フレズノ/セーブマートセンター)で「TLC」でスマックダウン女子王座を獲得したアスカが盟友ナオミ相手に初防衛を果たした。
この日はまず最初にベッキー・リンチとシャーロット・フレアーが登場。「TLC」のトリプルスレッド戦ではアスカと死闘を繰り広げながらロンダ・ラウジーのまさかの介入で敗れた2人。ベッキーは「ロンダ・ラウジーを私の前に連れてきてくれ。もう少しで防衛できたのにはしごを外された」とロンダへの怒りを表明。シャーロットも「ベッキーは私の後ろに並んで。ロンダは私から王座の機会を奪ったのよ」とこちらもロンダへの恨み節。ここにアスカも登場して「私がチャンピオンだ」と王座獲得をアピールすると王座を争った3人の舌戦が始まった。
いきなりナオミとの王座戦が決定
そこへ前日のロウに続き2日連続でビンス・マクマホン会長が登場。ビンスは「アスカ王座奪取おめでとう」と王者を祝福しながらもここでの王座戦を提案。するとアスカの盟友ナオミが登場してそのまま王座戦が始まった。
お互いをよく知るアスカとナオミは一進一退の攻防を展開。アスカがナオミの開脚ムーンサルトをヒザで迎撃してアスカロックで捕まえると、ナオミは回避してヒップアタックを炸裂。さらにスワンダイブ式で飛び込んで追撃を狙うナオミだったが、アスカはコードブレイカーを繰り出すと再びアスカロックで捕まえてナオミからタップを奪って勝利。見事アスカが盟友ナオミを相手に王座初防衛を果たした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.