画像: 「羽生選手とかぶる」神木隆之介の鍛えっぷりを三木孝浩監督、有村架純も絶賛

「羽生選手とかぶる」神木隆之介の鍛えっぷりを三木孝浩監督、有村架純も絶賛

映画『フォルトゥナの瞳』の完成記念イベントが8日、都内にて行われ、神木隆之介、有村架純、三木孝浩監督らが登壇した。
作家・百田尚樹の小説を映画化した注目作。死を目前にした人間が透けて見えるという能力“フォルトゥナの瞳”を持つ青年・木山慎一郎と、その恋人・桐生葵を待ち受ける運命を描く、衝撃のラブストーリー。
主演の神木は、ヒロインを演じた有村をエスコートしてレッドカーペットに登場。「ちゃんとエスコートしないといけないので緊張した」という神木だったが有村から「頼もしかったです。スーツもキマっていてかっこよかった」とほめられ安堵の表情。
実は今回で4度目の共演だという2人。初の恋人役について有村は「今まで見たことがなかった神木くんがいました。作業着姿が男らしくて」と本作の神木をべた褒め。神木が「作業着が似合うようにとジムに行って、ちょっと体を大きくしました」と明かすと有村は「鍛えた背中がカッコよかった。たくましく見えました」とさらにほめたたえ、神木も「鍛えてよかった」と照れ笑い。
そんな2人に三木監督は「仲が良すぎて、最初は兄妹がじゃれあっているように見えてしまって」と苦笑しつつ「2人の相性が良いので、アドリブもうまく入れて空気感を作り上げてくれて。演出する側としては楽でした(笑)」と、神木と有村のカップルぶりに太鼓判。
「今は元に戻った(笑)」という神木だが、その体づくりやアクション演技に監督も大満足だった様子。監督は「走ったりアクションをするといった大きな動きはもちろん、まばたきや目の動きといった細かな点もコントロールできている。アスリートのよう。集中力の高さや、いざ本番というときのギアの入れ方なんかは羽生結弦選手とイメージがかぶる」と一流アスリートを例えに出して大絶賛していた。
映画『フォルトゥナの瞳』は2月15日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.