画像: 目指せ!パラダイムシフトを生む次世代アントレプレナー

目指せ!パラダイムシフトを生む次世代アントレプレナー

今回のテーマは「パラダイムシフト」
毎回、学生が中心となり注目の起業家を招いての特別講義やワークショップなどを実施し、大学や学部の垣根を越えて学生たちが起業や新規事業についてリアルに考える場となっている本イベント。冒頭の来賓あいさつに立った文部科学省の西條正明氏は「こうして学生の皆さんの熱意に触れるたびに、産学連携による新規事業創出をしっかり支援していきたいという思いを新たにします」と学生たちを激励。
この日は「Next World is...? パラダイムシフトの仕掛け人」と題し“革命的な変化”に挑む注目の起業家による特別講義を実施。データを暗号化したまま処理できる“秘密計算”の次世代技術を開発したEAGLYS株式会社・今林広樹氏は秘密計算の方法を紹介しながら「EDGEプログラムの一環でシリコンバレーに行き、自分自身にリミテーションを設けない、ビジョンを持つことも当たり前、そういう状況を目の当たりにして、帰国し起業を決意しました。大きなビジョンを持つことで小さなことを積み重ね続けられる」と語った。
従来のスタイルを覆すコミュニティーの場を創出する株式会社ロフトワークの松井創氏は「100年先の世界はどんな景色だろう。未来は予測するのではなく“創る”もの」と大局的な視点と自ら行動することの重要性を語った。そしてシリコンバレーと日本を行き来し、スタートアップ支援などを行う株式会社シリコンバレーベンチャーズの森若幸次郎氏は「未来を不安がっているのは自分で決断した人生を歩んでいないからかも。誰もが自分の人生の社長なんです」と語り、学生たちにもインパクトを与えた。
パラダイムシフトを体現した起業家たちに刺激を受けた学生たちは、グループごとに、制限時間内で画期的な事業アイデアを考えて発表するグループディスカッションでも大いに発奮。「学生のやりたいことを支援するシェアハウス」や「トイレに行かなくてもいいオムツの開発」など、ユニークなアイデアも飛び出した。モデレーターを務めた森若氏は「人から理解されないことは大きなビジネスになる可能性がある。事業として意識したらまずデモやプロトを作りましょう」とアドバイスをした。
情熱を注げるものから画期的なビジネスを
イベントの後半には、ラジオ番組『JAPAN MOVE UP!』の公開収録が行われ、日本のダンス界をけん引するダンサーにして実業家のカリスマカンタローさんがゲストとして登壇。「ダンスをもっと日本に広め世界に出て行こうという思いがあって、自分たちでイベントを立ち上げるようになった。最初は赤字だったんですが1年ごとに少しずつイベントを成長させていきました」と明かしたカリスマカンタローさん。「困難もたくさんありましたが好きなものをもっと世界に広げたいという思いで続けてきました」と熱く語り、学生たちに刺激を与えていた。
WASEDA EDGE-NEXTの事務局長を務める朝日透教授は「カンタローさんのお話にあったようにグローバルな意識で新たなことに挑戦する気持ちを皆さんにも持っていてもらいたい。今度、ジャンルを超えて産学連携で新規事業創出やイノベーションに取り組む研究所を創設しようと考えています。この会場には理系もいれば文系、博士課程や修士、高校生もいる。こういう環境で、個々が成長し、つながることによって生まれるものがあるはず」と今後にさらなる期待を寄せた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.