子どもたちが夢や目標を持つためのきっかけづくりを目指す『夢の課外授業』(主催:二十一世紀倶楽部)の「学校訪問スタイル」の授業が1月17日、ジャーナリストの堀潤氏を先生に迎え、神奈川県横浜市のマリア・モンテッソーリ・エレメンタリースクールで開催された。この日は小学1~6年生の66人が参加した。

日本では伝えられていないニュースを知ってほしい

 同スクールは子どもの主体性を重んじる教育方針を持つことから6年生の児童たちが中心となって、会場づくり、堀氏ら来校した関係者の出迎え、案内などを行った。

 堀氏は年末年始にかけアジア、中東、ヨーロッパを取材で回ったことから、前半は中東、特にシリアの内戦から逃れてきた人たちがいるヨルダンの難民キャンプでの取材について話した。

 まずは現地で活動する日本人ボランティアの活動を紹介。それは栄養失調になりがちな子供たちのために、母親たちに限られた食糧で栄養のバランスのいい食事を作るレシピを伝えるというもの。堀氏は「こういう活動は日本のニュースの中では十分に伝えられていない。もっとみんなに知ってほしい」と子供たちに訴える。

 そして現地でのエピソードとして堀氏が「早く平和になればいい」と言うと「平和というのは誰にとっての平和の話なのか? 我々パレスチナも平和を求めているが、銃を向けているイスラエルも平和を求めているはず。だからぶつかる」と返されたこと。そこで「ジレンマ。そこをどう乗り越えていくのか」と深く考えさせられたことを明かした。

 またヨルダンでの取材を語るにおいては「シリアには残酷な映像がたくさんある。今日はみんなにはそれは見せたくない。でもいつか自分で“見る”という判断をしたときには自分で検索して見てほしい。多くのジャーナリストや現地の人が自分で撮った映像をインターネット上にアップしている」と小学生たちに自分で判断することを進めた。

This article is a sponsored article by
''.