画像: 「修斗愛」で勝った岡田遼が環太平洋王座獲得【1・27修斗】

「修斗愛」で勝った岡田遼が環太平洋王座獲得【1・27修斗】

祖根に1RKO勝ち
プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 開幕戦」(1月27日、東京・後楽園ホール)のメーンで行われた環太平洋バンタム級チャンピオンシップで挑戦者の岡田遼が王者・祖根寿麻を1R4分58秒、KOで下し、悲願のベルトを巻いた。
2人は戦前、岡田が口にした「修斗愛」という言葉をめぐり舌戦を展開。この試合は互いの価値観をめぐる戦いにもなっていた。
試合は1R開始から真っ向ぶつかり合う展開に。岡田は序盤から右ローで祖根を翻弄。祖根はローで足をすくわれバランスを崩す場面もあった。岡田はそこから組み付きケージに押し込んでいくと、こつこつとヒザを当てては両足タックルに移行しテイクダウンを狙っていく。しのいだ祖根はケージを背にしながらもヒジやヒザで反撃する。
最後は岡田の走りこんでの飛びヒザを祖根がバックステップでかわしたところに、着地した岡田が左フックをクリーンヒット。ダウンした祖根に岡田が追撃のパウンドを連打したところでレフェリーが試合を止めた。
「修斗バンタム級にはもう一本ベルトがある」と世界のベルトにも照準
前日の会見で岡田の組みの強さを認めながらも「みんなはああいう戦い方を求めているわけではない」と言った祖根に対する答えともいえるKO勝ちだった。
岡田は試合後のマイクで「パラエストラ千葉ネットワーク所属、鶴屋浩の弟子で第8代環太平洋バンタム級チャンピオンの岡田遼です。まず、祖根選手、ありがとうございました。試合前はケンカし合っていましたが、いま、個人的に思うことはないです。ただ、このベルトに関しては接待に俺が持っていたほうがいい。なぜなら、彼よりも俺のほうが修斗を愛しているから。油断すると気を失いそうなくらい、うれしい。チャンピオンにはチャンピオンの責任がある。防衛戦は義務。挑戦してくる人がいたら、もっと上手くなって、このベルトを守っていきます。でも、修斗バンタム級にはもう一本ベルトがある。今日のセコンドに来てくれた憧れの2人が巻いた、あのベルトをもう1回、鶴屋さんのもとに取り戻すことが俺の格闘家としての最後の仕事。2019年、岡田遼は、このベルトを保持しながら、世界のベルトを獲りにいきます。今後の修斗から目を離さないでください」と佐藤将光の持つ世界王座獲りを宣言した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.