画像: 難敵・前田を下した清水が世界王者・扇久保に対戦要求【1・27修斗】

難敵・前田を下した清水が世界王者・扇久保に対戦要求【1・27修斗】

清水が右フックで前田を粉砕
プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 開幕戦」(1月27日、東京・後楽園ホール)で前田吉朗と清水清隆のトレーニングパートナー同士による禁断の一戦が行われ、清水が1R4分37秒、KOで勝利を収めた。
練習仲間ということ以外にも、ともに元キング・オブ・パンクラシストという共通点を持つ2人であり、今後の修斗フライ級のタイトル戦線を占うという意味でも見どころ満載のカードだった。
試合は遠い間合いからパンチ、ミドルを放っていく前田に対し、清水もパンチを振って積極的に前へ。フライ級らしいスピーディーな攻防が展開される。
清水が前へ出たところに前田のカウンターパンチがヒット。清水がヒザをつくと、前田は一気に打ち合いに持ち込み飛びヒザを放ったところに清水のカウンターの右フックが炸裂。
扇久保も「5月にやりましょう」と快諾
ばったり倒れた前田に清水がパウンドに鉄槌の連打を浴びせたところでレフェリーが試合を止めた。
清水は試合後のリングに世界フライ級王者の扇久保博正を招き入れると「天下を取り損ねた男、よく上がってきたな」とRIZINで堀口恭司に敗れた扇久保を挑発したかと思いきや、「お前に面白いことを一つ言ってやる...よろしくお願いします」と一転、謙虚に王座挑戦をアピール。扇久保も「清水選手、5月にやりましょう」と応じた。
斎藤裕が世界王者の貫禄でKO勝ち
修斗世界フェザー級王者の斎藤裕はドイツフェザー級王者マーカス・ヘルドを相手に世界王者の貫禄を見せ、2R1分39秒、KOで勝利を収めた。
斎藤は試合開始早々にヘルドを組み止めテイクダウンに成功すると上のポジションをキープしパウンドを落としていく。
極めの強さに自信を持つヘルドは下からラバーガードの体勢から三角絞めを狙うが、斎藤は一度離れて体勢を立て直す余裕を見せ、主導権は渡さない。再び上を取ってヒジを落とすなど着実にヘルドを削っていく。斎藤は2Rもパンチから組み止めテイクダウンに成功するとサイドポジションをがっちりキープ。ヒジを落とし続けたところでレフェリーが試合を止めた。
修斗初参戦のGRACHAN王者・阪本洋平は相手の負傷でTKO勝ち
修斗初参戦となった現GRACHANフェザー級王者・阪本洋平がフェザー級世界3位の山本健斗デリカットに1R3分6秒、TKOで勝利を収めた。
試合は1R開始早々から山本がロー、ミドル、ハイと左のキックを蹴り分けキックを主体に攻め込んで行く。阪本はキックをもらいながらもじりじりと間合いを詰め反撃のチャンスをうかがう展開となった。しかし山本が左のインローを放った際にもともとテーピングをしていた左足を痛め、悲痛な叫びとともに倒れこんでしまう。ここで阪本が一気にパウンドをまとめたところでセコンドがバトンを投げ入れ、阪本のTKO勝ちとなった。
阪本は試合後のマイクで「今日負けたらやめようと思ったけど、まだもうちょっと続けろってことだと思うので、もう1回頑張ろうと思います」と話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.