画像: 錦織圭 4年前の全豪オープン、偶然の重なりで生まれた一枚【アフロスポーツ プロの瞬撮】

錦織圭 4年前の全豪オープン、偶然の重なりで生まれた一枚【アフロスポーツ プロの瞬撮】

今からちょうど4年前、オーストラリア・メルボルンでは少し珍しいことが起きていた。
4年に一度行われるサッカーアジア杯と、テニスの全豪オープンという2つのビッグイベントの日程が奇跡的に重なったのだ。
しかも会場は道路を挟んでほぼ斜向かい。
僕はこの時、サッカーをメインにオーストラリアを巡っている最中で、予選リーグ第3戦が行われるメルボルンを訪れてからはテニスとサッカーの会場を行き来する日々を送っていた。
この珍妙な光景に居合わせることが出来た僕はラッキーだった。
この写真は少なくとも、もう2つの偶然が重なって撮れた一枚だ。
まず一つは、とても地味ではあるがサッカー日本代表の試合と時間帯が被らなかったこと。
そしてもう一つは、お目当ての選手、つまり錦織圭の試合が良い時間帯に行われたことだ。
テニスの試合時間はその日にならないと分からない。朝イチもあれば深夜近くになることもある。
その時々で異なる顔の写真が撮れるのだが、その中でも僕は太陽が低くなる時間の撮影が好きだ。
ボールを強打するその度に、フェルトの繊維が逆光に輝く。
ハードなスポーツの中にあって、異質なくらい美しい光景が広がるその時間は、いつまでも撮っていたいと思わせるプライムタイムだった。
■カメラマンプロフィル
撮影:長田洋平
1986年、東京出身。かに座。
早稲田大学教育学部卒業後、アフロ入社。
2012年ロンドンパラリンピック以降、国内外のスポーツ報道の現場を駆け回っている。
最近では平昌オリンピック、ロシアW杯を取材。
今年の目標は英語習得とボルダリング5級。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.