画像: 【下北沢で観劇始め!!】タカハ劇団『僕らの力で世界があと何回救えたか』

【下北沢で観劇始め!!】タカハ劇団『僕らの力で世界があと何回救えたか』

タカハ劇団は劇作家・演出家の高羽彩が主宰を務めるプロデュースユニット。その作品は「失ってしまったもの」「取り返しのつかないこと」といった題材を通して、そこで生きている人たちの小さな絶望やどんな状況であっても変わることのない、または変わることのできない人間の在り方を描いていく。
今回の舞台は漁獲高の減少により漁業を捨てた港町にある高校の空き教室。この町は世界的研究施設を誘致することで「サイエンスのまち」として生まれ変わろうとしていた。空き教室では町おこしの目玉イベント「サイエンスまつり」を翌日に控え、高校時代にアマチュア無線部だった3人が集まり、その準備をしているのだが、どうにもぎこちない。それは彼らの仲間で無線部のエースだった「リョウタ」が高校時代に行方不明になっており、それが彼らの関係性に微妙な影を落としていたから。そしてリョウタの失踪をめぐってそれぞれの思惑が錯綜する中、不思議な出来事が起こるのだった。
高羽曰く「タカハ劇団のエッセンスがギュッとつまった作品であると同時に、初顔合わせの俳優さんたちの力を借りて新しい一面もお見せできるのでは」とのこと。
ラストがハッピーエンドなのかバッドエンドなのかは見る者の過去との距離感や執着といったものによって大きく左右されそうな作品。
タカハ劇団『僕らの力で世界があと何回救えたか』
【日時】2月8日(金)〜14日(木)(開演は8・12日19時、9・10日14時/18時、11・14日14時、13日14時/19時。開場は開演30分前。当日券は開演45分前)
【会場】小劇場 B1(下北沢)
【料金】全席自由 整理番号付 一般 前売4000円、当日4300円/U25割引(25歳以下)2500円(U25割引は入場時に要証明書)
【問い合わせ】gina creative management(TEL:03-6453-2080=平日10〜18時 [劇団HP]http://takaha-gekidan.net/)
【脚本・演出】高羽 彩
【出演】大久保祥太郎、斉藤マッチュ(20歳の国) 、松澤傑、小園茉奈(ナイロン100°C)、内藤栄一、もたい陽子、若狭勝也(KAKUTA)/松永玲子(ナイロン100°C)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.