画像: 格闘家・レオナ・ペタス「“すごい”と思われる試合をしたい」

格闘家・レオナ・ペタス「“すごい”と思われる試合をしたい」

「よく言われます。普段は適当な感じなんですけど、キックボクシングの部分は絶対に譲れないので、試合になると自然と切り替わりますね。だから自分の試合じゃなくて、観客として見に行っても、別人かと思って、すぐには分からなかったって言われます」と語る。また、もう一つよく言われるのが「ハーフなんですか?」という質問。「しょっちゅう聞かれますが、純粋な日本人です。“レオナ”というのは本名なんですが、小さい頃はよく女の子に間違えられていました。漢字では“玲於奈”です。4人兄弟なんですが、全員名前に何らかの動物が入っていて、“奈”で終わります。僕はレオなのでライオン、弟は虎という具合。ペタスは、空手とキックボクシングを教えていただいていた、ニコラス・ペタスさんからリングネームとしていただきました」とハーフ説を否定。
格闘技を始めたのは弟の影響とか。
「ずっとサッカーをやっていたのですが、一番下の弟が空手をやっていて、楽しそうだなと思って。それで高校1年生の時に、ジムに通うようになりました。大学生の時にプロとしてデビューしたのですが、それまでは全然プロになる気はなかった。でもアマチュアの大会などで、準優勝や優勝をするようになると、上があるなら挑戦してみようという気持ちになってきた。案外イケるんじゃない?って(笑)」
順調にキャリアを重ねてきたが、昨年9月にアクシデントに見舞われた。
「9月11日に交通事故にあったんです。しかも弟と一緒に車にひかれるという。僕が自転車で弟が原付に乗って十字路に差し掛かった時に、左側から無灯火の自動車が突っ込んできた。僕が先にひかれたんですけど、弟のほうが重傷でした。それまで、車にはね飛ばされても平気だろうなっていう根拠のない自信があったんですけど、無理でした(笑)。3分3R、9分の試合より一瞬の車のダメージのほうがデカいんだなって(笑)。基本的に僕はケガの治りは早いほうなんですけど、あの時は全然回復しなくて...。1週間経っても痛いままで、2週間経っても全然治らない。これはヤバいぞと。周りの人は大丈夫だから、焦らず治療に専念しろって言ってくれていましたが、試合の事はもちろん、このまま格闘家として復帰できないんじゃないかと思い、かなりブルーになっていました。今でも車が横を通るとすごく怖い。完全にトラウマですね」
そんな大事故にあったが、2月16日には「Krush.98」に出場。朝久泰央と復帰戦を行う。
「対戦相手の朝久君とは一度試合をしたことがあるんですけど、その時より強くなっていると思うので、こちらも気を引き締めないといけないなと思っています。僕は避けるのが得意な選手なので、顔に一発もパンチをもらわないで勝ちます。また、僕のほうが背負っているものが大きいので、どんなに劣勢でも絶対にあきらめないで戦い抜ける精神力があると思います。たとえ相手に主導権を取られても、最後には何かが起きると信じて、気持ちを折らずにいけるのが強み。今、チームを作って子どもたちに教えたりもしているんですけど、ここで負けたらその子たちががっかりしちゃう。みんなすごく信頼してくれてますし、その信頼を裏切りたくない。そういう期待も背負っているので、こんなところでコケるわけにはいかないんです」

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.