画像: EXILE ÜSA、MAKIDAIが信州善光寺で豆まき

EXILE ÜSA、MAKIDAIが信州善光寺で豆まき

EXILE ÜSA、MAKIDAIが3日、長野市の信州善光寺の豆まきに参加した。2万人の参拝客を前に、一般公募で集まった年男、年女、福男、福女ら700人とともに、“福は内”、“鬼は外”という呼びかけで福豆をまいた。
ÜSAとMAKIDAIが参加したのは「第68回善光寺節分会」に特別来賓として招かれたため。ÜSAは昨年に続き2回目、MAKIDAIは今年初めての参加となる。この日は、2人のほか、野球のBCリーグ・信濃グランセローズの柳沢裕一監督と選手陣、サッカー女子なでしこ1部所属のAC長野パルセイロ・レディースの本田美登里監督と選手陣も参加した。
豆まきを終えたÜSAは「皆さんの温かい声援と笑顔で、僕自身も元気を頂けた」。MAKIDAIも「皆さんに感謝の想いが届くように、気持ちを込めてまかせて頂きました」とそれぞれ感想を述べた。
また、2019年をどんな一年にしたいか尋ねられると、個人プロジェクトである「DANC EARTH」で日本全国の祭りに参加しているÜSAは、「2019年こそは長野県の祭りに参加して長野県のみなさんと一緒に踊りたいです」、PKCZ®として世界で活動もしているMAKIDAIは、「楽曲制作、リリース、イベントなどに力を入れて、少しでも盛り上げられるような一年にしたいです」と抱負を語った。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.