画像: くまモン記者団、4万人の前で踊る「Rising Sun Project」に大きな刺激!

くまモン記者団、4万人の前で踊る「Rising Sun Project」に大きな刺激!

【くまモン記者団リポート】
小学6年 今村 隼也
僕は、うまれて初めてライブに行きました。リハーサルを見たり、くまモンダンス部の人たちの話を聞いたり、インタビューをしたりするのが、楽しかったです。本番では、くまモンダンス部や岩手県から参加したダンスチームとEXILEがコラボして、とてもカッコ良かったです。
小学5年 今村 虹花
くまモン記者団として、ヤフオクドームで行われたEXILEのライブに行きました。リハーサルも見せてもらいました。とても大きい音の音楽が流れていて、すごいなぁと思いました。本番前、控室では「くまもと×いわて」の交流会が行われ、くまモンダンス部は小さな幸せを書いて投函する「くまモンあのねポスト」、岩手ダンス部からはメッセージ入りの旗が、それぞれ交換されました。岩手と熊本のダンス部へのインタビューではうまく質問できるかとドキドキしましたが、皆さん優しく答えてくれてうれしかったです。
本番のステージに立つ前、大きな声で「がんばっぺし!」とみんなが気合入れました。これは岩手の方言で「頑張って」の意味。岩手の方言を他にも知りたいと思いました。今回、くまモン記者団として参加できて楽しいことばかりでした。
小学5年 石井 かや
私たちはEXILEと共演するくまモンダンス部と岩手のダンスチームの人たちにインタビューをしました。ほとんどの人が「緊張するけど、精いっぱい踊っていい思い出にしたいです」や「EXILEの皆さんと共演できてうれしいです」、「緊張していたけど精いっぱい踊りきりました」と言っていました。この言葉を聞いて、ダンス部・ダンスチームの人たちはダンスが大好きで、緊張を忘れるくらい精いっぱい踊っているんだな、と思いました。ライブを見ていてもみんなニコニコしながら踊っていてダンスも上手。踊ることが本当に楽しいんだろうな、たくさんの練習をしてきた成果だと思いました。これからも頑張ってもらいたいです。
4万人余りの観客を前に踊る姿を見て、大きな刺激
本番前のインタビューでは、熊本と岩手の子どもたちにどう声を掛けようかと戸惑っていた様子でしたが、見事なダンスパフォーマンスを終えて控室に帰ってきた子どもたちへインタビューする姿は堂々としたもの。ステージ本番で4万人余りの観客を前に踊る姿を見て、大きな刺激を受けたようです。本番後の控室にEXILEメンバーが訪れて一緒に記念撮影をしたり、ライブ用Tシャツをもらったりと、うれしいサプライズ尽くしに大喜びの記者団たち。帰りのバスでは感動の余韻と心地良い疲労感に包まれ、熟睡のまま南阿蘇村の帰途へつきました。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.