画像: RIZIN会見で柔道の五輪金メダリスト内柴正人のMMA参戦が浮上

RIZIN会見で柔道の五輪金メダリスト内柴正人のMMA参戦が浮上

RIZINとREALが紳士協定結ぶ
2004年アテネ、2008年北京五輪の柔道男子66kg級金メダリスト・内柴正人の総合格闘技参戦の可能性が浮上した。
RIZINは2月8日、都内で会見を開き「RIZIN.15」(4月21日、神奈川・横浜アリーナ)の第2弾カードを発表した。
今秋開催予定の「ライト級GP」に向けホベルト・サトシ・ソウザの参戦が発表された。ソウザは柔術でワールドプロ柔術世界選手権、ブラジリアン柔術世界選手権といった数々の大会で優勝を果たすなど輝かしい実績を残し、2013年からは総合格闘技にも参戦。「REAL Fight Championship」を主戦場に6戦6勝の戦績を残し、2016年にはREAL Fight Championship スーパーライト級王座決定トーナメントを制してチャンピオンになっている。昨年は桜庭和志がプロデューサーを務めるグラップリングの大会「QUINTET」に参戦し、ハイレベルな柔術テクニックで会場を沸かせた。
今回のソウザの参戦はRIZINとREAL Fight Championshipが紳士協定を結んだことから実現したもの。この日は会見後にREALの山田重孝代表が囲み取材に応じ、RIZINと紳士協定を結んだ経緯と今後の展望について語ったのだが、会見中の質疑応答で出た内柴氏の総合格闘技参戦について「そういう考え方もあるなと思った」と話した。
内柴氏は山田氏の柔術道場「アラバンカ柔術アカデミー」で柔術の練習に励み、柔術家として活動。現在は昨年8月にキルギス共和国の柔道連盟総監督に就任し、後進の指導にあたっている。
山田氏「肉体的には20代後半から30歳くらい。素晴らしい素質を持っている」
山田氏は「今はキルギスの柔道の総監督をやっているのでまだどうなるかは分からないが、榊原代表がオファーした時は、REALの代表ではなく、私の道場の一人の弟子へのオファーとして受けるつもり」と話した。現在の内柴氏のコンディションについては「今は41歳だが、肉体的には20代後半から30歳くらい。スタミナは2冠を取っているだけあって、けた外れ。総合でも十分やれる。総合の練習はまだやっていないが素晴らしい素質を持っている」と話した。
また内柴が総合格闘技に転向する場合は「(内柴は)柔道の生活が長く、今まで柔道でしか社会に出ていないので上下関係を重んじるところがある。彼は先生と生徒という間柄に気持ちの重点を置く人間なので、私の一存で決められます」とも話した。
RIZINの榊原信行実行委員長は会見では「その可能性もあるとは思うが、キルギスの監督がメーンだと思う。将来的にそういう可能性もある」などと語るにとどめている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.