画像: 【江戸瓦版的落語案内】引っ越しの夢(ひっこしのゆめ)& おススメ落語会

【江戸瓦版的落語案内】引っ越しの夢(ひっこしのゆめ)& おススメ落語会

若い奉公人を大勢抱えている大店の主人。女の事で何かあっては困るから、女中はできるだけ器量が悪い女をと、口入屋(現在の職業紹介所)に頼んでおいた。しかし今回、口入屋の斡旋でやってきたのが、これまでとは真逆の絶世の美女。実はあまりにも不器量な女中ばかりが来るので、番頭が裏で口入屋に手を回し、美人の女中を紹介したもらったというワケ。願い通り、いやそれ以上の美女に、番頭だけではなく、店中の男たちがソワソワ。中でも一番鼻息があらいのが、件の番頭。50歳を越えていまだ独り身の番頭は女中にさりげなく近づき、着物を買ってやるなどと調子のいい事を言って口説こうとする。「なーに、お金の心配はすることないさ。いざとなったら、帳面をドガチャカドガチャカやってだな...」と上機嫌。
そしてまた「そうそう、ワシは寝ぼけると人の部屋に入ってしまう癖があるけど、そうなっても声を出さないように」と夜這い宣告。ほかの男たちも、それぞれなんとかこの女中の気を引こうとやっきになっている。店の女将さんはそれを見て一計を案じ、女中を自分の部屋ではなく、台所の中二階で寝るように指示。念のため、そこに登る梯子を外しておいた。その夜、番頭は仕事を早じまいし、ほかの奉公人を無理やり寝かせて、自分は布団の中で様子を注意深く観察。みんなが寝静まったのを確認するとおもむろに起き上がり、抜き足差し足で部屋を出る。そして向かったのは台所。女中が中二階に寝ているのはとっくに調べ済みだった。真っ暗な中、手探りで梯子を探そうとする番頭。
しかし、梯子は女将さんによって外されていたため、仕方なく吊ってある棚を使ってよじ登ろうと手をかけると、木が腐っていたのか崩れ落ちてきた。それを担ぐはめになったまま、身動きが取れないでいると、同じ事を考えていた二番番頭がこっそりやって来て、もう一方に手をかけた。案の定棚は崩れ落ち、こちらも担ぐはめに。結局2人で棚を担いでいる格好になったまま、動けないでいると、物音を聞きつけたお女将さんが灯りを持ってやってきた。「まずい!」とばかりに、そのままの格好でグーグーといびきをかいて狸寝入り。その様子を見たお女将さんが驚いて「2人ともこんな時間に棚を担いで、どうしたんだい?!」「へい。引っ越しの夢を見ていました」
おススメ落語会
「パルテノン多摩落語会“柳家喬太郎・春風亭一之輔二人会”」
【出演】柳家喬太郎、春風亭一之輔、桧山うめ吉
【日時】2月17日(日)14時〜
【会場】パルテノン多摩(多摩センター)
【料金】全席指定:4000円、前売:3500円ほか
【問い合わせ】チケットパルテノン(TEL:042-376-8181)
「らくごカフェ10周年記念 平成最後の武道館落語公園 ※手ぬぐい付」
【出演】さだまさし、立川志の輔、立川談春、蜃気楼龍玉、柳家小せん、春風亭一之輔、古今亭志ん陽、古今亭文菊、三遊亭天どん、金原亭馬玉、林家たけ平、柳亭こみち、柳家わさび、春風亭正太郎、春風亭一蔵、柳亭市弥、入船亭小辰、三遊亭わん丈、橘家文吾
【日時】2月25日(月)16時〜
【会場】日本武道館(九段下)
【料金】全席指定S:9720円、全席指定A:7560円、全席指定B:5400円
【問い合わせ】サンライズ(TEL:0570-00-3337)
「特撰落語名人会“権太楼・兼好・宮治”」
【出演】柳家権太楼、三遊亭兼好、桂宮治
【日時】3月7日(木)19時〜
【会場】北とぴあつつじホール(王子)
【料金】全席指定:3600円
【問い合わせ】(TEL:03-6240-1052)
※発行日までに完売になってしまう会もありますのでご了承下さい。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.