TOKYO HEADLINE のウェブサイトおよびTOKYO HEADLINEでのニュース記事やインタビュー記事を担当していだく編集記者を募集します。個人を尊重する編集部です。好奇心旺盛でやりたいことと、やる気にあふれている方の応募をお待ちしています!
 
今後、より力を入れていくのは次のエリアです:
東京オリンピック、パラリンピック、スポーツ(ラグビー・卓球(Tリーグ)など)、都政、区政、東京エリアに関するニュース、音楽、テレビ、舞台などエンターテインメント

2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会の開催が迫るなかで、東京の今やこれからを発信したり、
日本を元気にする記事やコンテンツを一緒に作って届けませんか?

【勤務地】
東京都渋谷区(最寄り駅は、千駄ヶ谷、原宿、北参道など)

【募集人数】
若干名

【勤務時間】
コアタイムありのフレックス制。週休2日制。勤務日・勤務時間については相談。
※必要でなければ、社内で長時間業務をすることは想定していません

【待遇】
業務委託

【仕事内容】
ニュースおよび特集記事の制作・執筆
・記者会見や発表会、イベントに出席し、ニュース記事やリポート記事を執筆。それに伴う簡単な写真撮影。
・指定するインタビューの実施、記事の作成。
・プレスリリースや資料からの記事の作成。
※経験によって、特集やインタビューの企画立案から実施―ディレクション―原稿執筆までの一連をお願いすることも考えています。
※経験によっては、アシスタントからお願いすることもあります。

【応募条件】
採用決定後、すみやかに勤務が開始できる方

【必要な条件】
・日本語で正確で分かりやすい文章をスピード感を持って書けること
・書きたいテーマやそれに対する探究心、好奇心を持っていること
・業務を行う上で、必要なコミュニケーションがとれること
・インターネットを日常的に使用・活用していること

【歓迎する条件】
・ライターや編集者の経験
・都内在住(支給される交通費に上限があるため)
・簡単な動画撮影や編集ができること

【給与】
20万円~応相談。通勤交通費別途支給(上限があります)

【応募方法】
履歴書(写真・メールアドレス必須、PDF形式、書式自由)と、以下の課題をメールで(jobs@tokyoheadline.com)まで送付してください。メールには、これまでに執筆した記事でインターネット上で読めるものがあれば、タイトルとそのURLも記載してください(最大5本程度)

1.TOKYO HEADLINE WEBで配信されることを想定し、ニュース記事を1本執筆してください。
 好きなジャンルのニュース記事をお願いします。

2.あなたがTOKYO HEADLINEの記者として適任だと思う理由をアピールしてください。

いずれも分量、内容は自由。マイクロソフトワード、テキスト、グーグルドキュメント形式で送付してください。

【応募期限】
2月28日(木)17時まで。書類選考を通過した方には3月7日(木)までにメールで連絡します。
応募状況により早めに終了することもあります。

This article is a sponsored article by
''.