画像: 江戸と東京。それぞれを見つめた表現者たち「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」

江戸と東京。それぞれを見つめた表現者たち「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」

“Great Wave”と称されて世界的に名高い「神奈川沖浪裏」を含む「冨嶽三十六景」シリーズや、19世紀のヨーロッパにおけるジャポニスムの流行の契機となった『北斎漫画』といった、幅広く知られている代表的作品にとどまらず、国内外の名品や近年発見された作品、初公開作品も併せて紹介。約70年に及ぶ北斎の画業をたどる北斎展。
本展では、その絵師人生を作風の変遷と主に用いた画号によって6期に分けて紹介。勝川派の絵師として活動した「春朗」期(20〜35歳ごろ)、勝川派を離れて肉筆画や狂歌絵本の挿絵といった新たな分野に意欲的に取り組んだ「宗理」期(36〜46歳ごろ)、読本の挿絵に傾注した「葛飾北斎」期(46〜50歳ごろ)、多彩な絵手本を手掛けた「戴斗」期(51〜60歳ごろ)、錦絵の揃物を多く制作した「為一」期(61〜75歳ごろ)、自由な発想と表現による肉筆画に専念した「画狂老人卍」期(75〜90歳ごろ)と、その壮大な画業を通覧していく。
20歳のデビュー作から90歳の絶筆まで、本展に出品される作品数は約480件(会期中展示替えあり)。初公開作品も多数出品されている。アメリカ・シンシナティ美術館が所蔵する、北斎が88歳の時に描いた《向日葵図》(肉筆画)や、近年発見された「かな手本忠臣蔵」(小判、10枚)など、長らく秘蔵されていたため、衝撃的なほどに美しい色彩をとどめている《津和野藩伝来摺物》というレアな作品も必見。
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED
【会場・会期】森アーツセンターギャラリー 開催中〜3月24日(日)【時間】10〜20時(火曜のみ17時まで。いずれも最終入館は閉館の30分前まで)
【休】2月19日、20日、3月5日
【料金】一般1600円、高大生1300円、小中生600円
【問い合わせ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
【交通】地下鉄 日比谷線「六本木駅」 1C出口 徒歩0分(コンコースにて直結) 六本木ヒルズ森タワー 52階
【URL】https://hokusai2019.jp/ ※会期中、展示替えあり

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.