画像: ベッキー、アンドロイド役で1人2役に挑戦!「結婚には役立たないかも...」と白石和彌監督は祝福コメント

ベッキー、アンドロイド役で1人2役に挑戦!「結婚には役立たないかも...」と白石和彌監督は祝福コメント

阿佐田哲也の不朽の名作を『孤狼の血』の白石和彌監督が映画化する話題作『麻雀放浪記2020』で先日、結婚を発表したベッキーが1人2役を演じることが分かった。
今なお読み継がれるベストセラー小説「麻雀放浪記」を、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化する注目作。映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言している斎藤工が1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー“坊や哲“を熱演する。
1945年の“戦後”で坊や哲が通っていた麻雀クラブのママ・八代ゆき役として出演することが明かされていたベッキー。今回新たに、2020年の“戦後”で、哲の前に現れる謎のAI搭載アンドロイド・ユキ役も務めることが明かされた。技術が発展し、あらゆる欲望を容易に満たすことが可能となった社会で、国家は東京オリンピックの中止を清算すべく、新たな国策利用のため「セクサロイド」としてユキを創造する...という設定とのこと。
今回の発表に合わせベッキーは「2役もやらせていただけてうれしかったです。2役といっても“人間と人間”ではなく“人間とAI”なので、かなりやりがいがありました。AIに心はないけれど、AIなりの心の動きがほんの少し伝わったらいいなぁと思っています」とコメント。斎藤も「ベッキーさんは演じるを超えて、ほぼ“憑依”されていました。麻雀も体得されていて、特にAIユキのハマり具合は衝撃的。ベッキーさんにしか務まらない役柄でした」と太鼓判。さらに白石監督も「ベッキーさん結婚おめでとうございます。『麻雀放浪記2020』の中でオックスのママ・八代ゆきとの2役でAIユキも演じていただきました。感情を持たないAIという難役で大変だったと思いますが、見事に演じてくれました。AIという役の経験は結婚には役立たないかもしれませんが、八代ゆきの妖艶さは是非とも結婚生活に役立ててください!」とユーモアたっぷりに祝福コメントを出している。
『麻雀放浪記2020』は4月5日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.