画像: 小野塚勇人と八木将康が修学旅行で“また”はしゃぐ?百鬼夜高等学校が舞台で再登場!

小野塚勇人と八木将康が修学旅行で“また”はしゃぐ?百鬼夜高等学校が舞台で再登場!

――舞台「春の修学旅行『妖怪!百鬼夜高等学校』~一条通と付喪神~」が27日に幕を開けます。この舞台はドラマの続編にあたります。ドラマの反響は2人にも届きましたか?
小野塚勇人(以下、小野塚):意外とうちの甥っ子たちが好きだったんですよ。小学校1年生と4歳なんですけど、妖怪たちがバカな遊びとかをやったりするのがすごい楽しいって。これは子どもたちにも人気がでるかもしれないぞ、なんて思いました。(演じた)天狗は遊びに対して中途半端なことをすごい怒る、ガチゲーマー。そこも楽しかったのかな。学校で流行したらいいなっていうゲームもありました。でにまあ、オンエア中は、自分も楽しみにしてましたね。
八木将康(以下、八木):僕もやってて楽しかったです。妖怪の役だったり、カラコンをつけたりすることもあまりやったこともなかったので、周りから「そういうこともするんだ!」って驚きがあったり。あの3人(かまいたち)ものすごいおもしろいじゃんって祝われたりもしました。深夜の放送でしたけど見てくれた人が多かったなあ。
小野塚:現場の楽しさが伝わったのかもね(笑)。
八木:本当の学校で撮影していたのも良かったのかもしれないです。僕は、自然と生徒になれたような気がしています。
――男子校感が伝わってきましたよ。見た目はいわゆる男子校ではなかったけれど(笑)。
八木:それはそうですね。......例えば、勇人なんですけど、セリフを交わしている中で、「なぜ、こいつ鼻が長いんだろう」って、何かのきっかけで我に返る瞬間があって。吹き出してしまうこともありましたね。
小野塚:何やってるんだろうってね。僕もそれはありました、ずっと(笑)。いい大人がみんな変装して。ハロウィンでもないのに、深夜の女子高で何やってるんだろうって。
――小野塚さんとは、ドラマのオンエア前にお話ししたときに、「天狗の姿かたちで素で挑む」作品だと話していましたね。みんながすごい姿で素をぶつけ合って......。
小野塚:試されましたね、素の自分を(笑)。
八木:僕はあまりぶつけ合えなかったというか、絡めなかったんですよね。一緒のシーンがほとんどなくて。
――本当は、仲間になりたかった?
八木:......かまいたちも、そうだったのかもしれませんね。本当は仲間に入りたいけど虚勢を張ってしまう。そういう不器用な。......だから、あまり絡めなかった分、舞台で刺激を受けたいなというのは感じます。
――その舞台ですが、妖怪たちが修学旅行に行くんだとか。
小野塚:春の修学旅行で、百鬼夜高等学校の人たちが、妖怪の本場である京都に修学旅行に行って、その先でいろいろっていう。天狗の本家というか、天狗よりも位の高い鞍馬天狗が出てきて、自分は苦手意識を持っているっていう。これまでに見られなかった天狗の姿をお見せできるんじゃないかなと思っています。
八木:ドラマもそうですが、この舞台もすごく分かりやすいんです。それこそ、勇人も言ったように、お子さんにも楽しめるような舞台になるんじゃないかなっていう。
小野塚:歌とかもありますし、視覚的にも面白い。楽しくなるんじゃないかなと思います。日替わりゲストとガチでゲームをするんです。
――ドラマと舞台版で違うところはあるんでしょうか。例えば、個人的な印象にはなりますが、舞台作品には強烈なメッセージとか教訓があるというイメージがあって。
小野塚:しいて言うなら、ドラマのようにオムニバスではなく、2時間でひとつの物語になっているので見ごたえがある、というところだと思います。メッセージとしては......モノを大事にしましょうとかはあるかもしれない。付喪神は道具の神様ですから(笑)。でも、ちょっといいシーンになりそうになったら、茶化しちゃうっていうのがこの作品の楽しいところでもありますから。
――先ほどのゲストのお話ですが、スケジュールを見ると、ほぼ日替わり。かまいたちさんを始め、いろいろな方が出られますが、それぞれ違う展開が用意されているということなんですか?
八木:......ゲストのところはセリフがないんですよね。
小野塚:先ほど言ったゲームの部分になります。
八木:ガチでゲームして、負けたら恥ずかしい罰ゲームが待っている。本当に怖い。
小野塚:その日その公演のガチだから、すごいウケけるかもしれないし、すごいスベることもあるという......。
八木:ヒィー!
小野塚:ヒィーって言わない!
八木:本当にやりたくない。だってスケジュールを見てくださいよ。僕が出るのは最後の京都公演です。それまでに、僕以外は初日からずっとゲームをやってきてるわけで、その頃には極めているわけですよ。僕はそこで初めてなのに!
小野塚:寝ててもできるかもね(笑)
八木:でもまあ、かまいたちは3人いるからな。誰か勝てば......
小野塚:何言ってるの、連帯責任だよ(笑)。
八木:勝ったら、叫ぶかもな。
――ゲスト部分のリハーサルはあるんですか?
小野塚:ほぼしないんじゃないですかね......?
八木:入ってないです。前日に場当たりだけで。でも、自分が出る前に、舞台は見に行こうと思ってます。どんな感じになるかなって。1回......2回ぐらい。ゲストじゃなくても見たいし。
小野塚:俺も見たい!
八木:舞台は楽しいですから、見るのも出るのも。お客さんの目の前で演じるのはいい。
小野塚:生の反応とか空気感とか緊張感とかね。
――ドラマで見せた世界を、ステージの上でどう表現していくのか楽しみです。
小野塚:暴れてやろうかなと思います(笑)。いやでも、みんなで楽しむというのが一番だと思うので、その楽しさがお客さんに届けられればいいかなって。コメディーなんでいろいろ難しい要素もあると思いますが、そんな重く考える作品ではないと思うので、まずはみんなで修学旅行を楽しみたいなと。それがいい作品につながっていくのかなと思います。
――もう最後なんですけど、お2人って息が合っているというか、仲がよさそうですね。
八木:この後ご飯行く約束はしています。
小野塚:いきますかって、話になりました。
八木:勇人は、「今日何してますか」「ご飯行きましょうよ」「今日どこどこ行きましょう」って、しょっちゅう、連絡くれるんですよ。ただ10回中7回ぐらいは断ってますけど。
小野塚:打率3割!
八木:野球だったら一流打者だよ、お前!
小野塚:やかましいわ!
(聞き手、本紙・酒井紫野)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.