画像: 【東京マラソン2019あす3日号砲】昨年大会で2位のアガ「もちろん優勝を狙いたい」

【東京マラソン2019あす3日号砲】昨年大会で2位のアガ「もちろん優勝を狙いたい」

「東京マラソン2019」が明日3日号砲、今年はこれまでよりも2000人多い3万8000人が早春の東京を激走する。東京都庁をスタートし、浅草、両国、銀座、東京タワーの麓など東京のランドマークを巡って、42.195キロメートルを走る。
大会を控えた1日、都内でプレスカンファレンスが行われ、国内外から招待されたトップランナーたちが出席した。女子の会見には、ルティ・アガ(エチオピア)、フローレンス・キプラガト(ケニア)、前田穂南(天満屋)、高島由香(資生堂)、野上恵子(十八銀行)、一山麻緒(ワコール)が登壇し、それぞれのレースへの意気込みを語った。
昨年大会で2位だったアガは「しっかり準備してきたので、もちろん優勝を狙いたい。自己ベストを更新できればと思います」。キプラガトも「コンディションはいい」と話し、経験という強みを生かした走りをしたいと意気込んだ。
国内勢は、男子同様、9月に行われる2020年の東京五輪への代表を選考する「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」を意識したレースになる。
前田と野上はMGCへの出場資格を得ている。
前田は、天候に苦しんだといいつつも「練習は継続して順調にできた」とし、「2時間21分を目標に頑張りたい」。野上は「MGCのコースと似ている部分があるので、9月で行われるレースを想定しながら走れたら。自分の記録を更新したいと思っている」と、話した。
高島の目標タイムは2時間21分00。「東京マラソンは高速レースになるので、MGCのタイムにこだわっていたら自分のタイムも出てこない」と、コメント。
一山は本大会が初マラソンになるが、メニューはこなしてきたとし、「本番では今までやってきたことをだすだけ」。そして「初めてなのでいけるところまで行こうという気持ち」と意気込みを語った。
明日3日、9時10分に都庁第一本庁舎前をスタートする。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.