画像: 話題のスターバックス新ブランド店舗、そのドリンクメニューがすごかった!気になるメニュー一挙紹介

話題のスターバックス新ブランド店舗、そのドリンクメニューがすごかった!気になるメニュー一挙紹介

世界で5番目の「スターバックス リザーブ ロースタリー」として2月28日に日本初上陸を果たし、そのラグジュアリーな世界観や斬新なコンセプトで注目を集める「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京(以下:ロースタリー 東京)」。メインフロアには高さ17メートルものキャスク(貯蔵庫)と実際に焙煎を行う大型ロースターが設置され店内に1歩入った瞬間から、かつてないコーヒー体験を感じることができる。もちろん、コーヒーやティーのビバレッジメニューやバーメニューも気になるところ。その一部を紹介しよう。
ロースタリーの世界観を象徴する1杯として、まず味わいたいのが「Barrel-Aged Cold Brew(バレルエイジド コールド ブリュー)」(1200円)。バーボンウイスキーの樽の中で熟成させたコーヒー豆をコールドブリューで抽出。コールドブリューコーヒーの芳醇な香りとウイスキーの香りが一体となって、ぜいたくなコーヒー体験を楽しむことができる1杯だ。東京の名がついた「Melrose Tokyo(メルローズ トウキョウ)」(1100円)は、さっぱりとしたコールドブリューコーヒーに、甘酸っぱいチェリーとほのかな苦味のチェリービターズフレーバーのフルーティーな香りを合わせた印象的な1杯。これからの花の季節に、華やかな気分が広がりそう。
「Cascara Lemon Sour(カスカラ レモン サワー)」(1200円)はメープルシロップの甘みと絞ったレモン果汁のフレッシュな酸味が、コールドブリューコーヒーのすっきりとした苦味を引き立てる1杯。コーヒーとレモンの意外なハーモニーを楽しんで。「Americano Con Crema(アメリカーノ コン クレマ)」(800円)は、オレンジがほのかに香る温かいアメリカーノの上に、シナモンが効いたリッチでクリーミーなフォーム(泡)を乗せた1杯。泡の表面をオシャレに飾るデメララシュガーの優しい甘みも相まって、リラックスに最適。「Iced Macchiato Con Crema(アイス マキアート コン クレマ)」(850円)はシナモンの香りがほんのり香る濃厚なフォームとコーヒー、ミルクの層が美しい1杯。途中で下の層のミルクと混ぜ合わせて、さらにまろやかに変化する味わいを楽しんで。
2階のティーバー「TEAVANA」では厳選茶葉から丁寧に抽出したお茶や、斬新なティーメニューなどを楽しむことができる。中でもシグネチャービバレッジのメニューは写真映えも満点なユニークなものが勢ぞろい。「Sakura Path(さくらの小径)」(1200円)は、静岡県にある酒蔵の酒粕を使って日本酒の香りをつけた玉露。玉露のうまみのあとに日本酒がふわりと香る、まったく新しいティー体験を堪能できる。桜の花をあしらった桝にグラスを入れたビジュアルはお花見気分も満点。
他にも、日本のクリームソーダからインスパイアされた「TEAVANA Cream Soda Matcha(ティバーナ クリームソーダ 抹茶)」(900円)や、ジャスミンティーに色あざやかなアイスキャンデーをそえた「Pop’n Tea Sakura Jasmine(ポップンティー さくら ジャスミン)」(950円)、スパイス香るティーラテにターメリックシュガーで作った黄金のわたあめを乗せた「Golden-sky Black Tea Latte(ゴールデン スカイ ブラック ティー ラテ)」(950円)、そしてロイヤルミルクティーに窒素ガス(ナイトロ)を加えベルベットのようななめらかな味わいと口当たりに仕上げた「Nitro Milk Tea(ナイトロ ミルク ティー)」(900円)。いずれも他では体味わえない新しいティー体験と出会えるメニューばかり。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.