画像: 別所哲也、優れたプロデューサーを表彰する渡辺晋賞を受賞

別所哲也、優れたプロデューサーを表彰する渡辺晋賞を受賞

第14回渡辺晋賞の授賞式が2日、都内にて行われ、俳優の別所哲也が、国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)を立ち上げ20年続けている功績を高く評価され「第14回渡辺晋賞」を受賞した。
渡辺晋賞は、財団法人渡辺音楽文化フォーラムが、日本のエンターテイメントビジネスの確立にプロデューサーとして先駆的役割を果たした株式会社渡辺プロダクションの創始者であり同財団初代理事長である渡辺晋氏の業績を永く伝えると共に、今日のエンターテイメント業界において優れた業績を挙げた新進のプロデューサーを顕彰する賞。
別所は、アメリカでのショートフィルムとの出会いから1999年より、日本初となる国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」を主宰。2004年には、米国アカデミー賞公認映画祭に認定。SSFF & ASIA 2016でグランプリを受賞しアカデミー賞ノミネート候補となった作品が第89回アカデミー賞短編実写映画賞を獲得した。2018年よりグランプリの名称を、初年度から同映画祭を応援しているジョージ・ルーカス監督の名を冠した「ジョージ・ルーカス アワード」としている。
今回の受賞を受けて別所は「このような栄誉ある賞をいただけたのは、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)をご支援くださったすべての方のおかげです。この20年間、才能ある世界中のクリエイターと仕事をすることができ、世界中の方々と手をつなぐことができました。ジョージ・ルーカス監督の若き日の作品を上映するためにルーカスフィルムにアプローチし、監督直々に「ぜひやりなさい」という返事をもらい、1999年に映画祭がスタートしたわけですが、これからもショートフィルムや映画祭というフォーマットを通してエンターテインメントに貢献していきたいと考えています。喜びとともに重責も感じております。本日、お祝いに駆けつけてくださった木村佳乃さんとは女性クリエイターを支援するプロジェクトを立ち上げましたし、ぜひ今年のSSFF & ASIAにも注目いただければと思います」とコメントを寄せている。
【これまでの受賞者】※過去5年分のみ
第13回(2018) 村井邦彦 氏(作曲家・編曲家・プロデューサー)
第12回(2017) 矢内廣 氏(ぴあ株式会社代表取締役社長)
第11回(2016) 北村明子 氏(演劇プロデューサー)
第10回(2015) 小山 薫堂 氏(放送作家、脚本家、プロデューサー)
第9回(2014) 松任谷 正隆 氏(音楽プロデューサー)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.