画像: 究極のハイパフォーマンスと官能的なデザイン「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」登場

究極のハイパフォーマンスと官能的なデザイン「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」登場

AMGが手掛けるスポーツカーMercedes-AMG GT ファミリーに、広い室内空間をそなえた4ドアタイプ「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が登場! “AMG GT”ならではの官能的なデザイン、パワフルなパフォーマンスを誇りながらも、ラグジュアリーな快適性を仲間や家族と分かち合うことができる、自由な大人のあこがれの1台となっている。
「AMG GTの走り」と「安全・快適」を両立
モータースポーツで培われた経験と技術を生かしたハイパフォーマンスモデルを手掛けるAMGが独自開発した初の4ドアモデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が新登場。メインのラインアップは 「メルセデスAMG GT 43 4MATIC+(ISG搭載モデル)」(以下、GT 43)、 「メルセデスAMG GT 53 4MATIC+(ISG搭載モデル)」(以下、GT 53)、 「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」(以下、GT 63 S)。このうち最上位モデルとなる「GT 63 S」には4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載され、最高出力639PS(470kW)、0-100km/h加速 3.2秒、最高速度315km/hを実現している。「GT 43」と「GT 53」には、直列6気筒エンジン「M256」と「インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(以下ISG)」が搭載。ISGと「48V電気システム」による滑らかなスタートも特長的。ドライブモードは「GT 43」と「GT 53」で 5 モード、「GT 63 S」で 6 モード用意されており、路面状況や自分に合わせたドライブを追求する楽しみも存分に味わうことができる。
一方、5人が乗れる4ドアクーペとしての快適な居住性も大きな魅力。AMGのスポーツシートでくつろぐ時間を仲間や家族と分かち合うことができる、あこがれの車として熱い視線を注がれている。
メルセデスのスタッフが語る
そんな注目のメルセデスAMG GT 4ドアクーペについてメルセデス ミー 東京 (六本木)のスタッフに話を聞いた。「2月14日の発表から展示しているのですが、多くのお客様に注目していただいております。普段あまり車に関心が無いという方が“きれいな車だなと思って”とご覧になっていらっしゃることもあれば、メルセデスのファンや車好きの方が隅から隅までじっくりチェックされている姿もよく拝見します。一目で強い印象を与える、特別感のある1台となっていると思います。デザインも、2ドアと比べてもスポーツカーらしい官能的なフォルムはそのままに、調和のとれたデザインで広い居住空間を確保しています。後席は大人もゆったり乗れる広さ。ラゲッジスペースは通常の状態でもゴルフバッグを2セット積載できるゆとりある広さを確保していますし、後席を倒してさらに広いスペースにすることも可能です。ファミリーユースとしても満足していただけると思います。安全運転支援システムもSクラスと同等のシステムを搭載していますし、インテリアにもAMGのこだわりが込められています」
また、メルセデス AMG GT 4ドアクーペはどのように楽しめる車かスタッフに尋ねると。
「メルセデス AMG GT 4ドアクーペ2ドアモデルよりもラグジュアリー感が際立ち、それでいて一度走り出すとトップクラスの走行性能を楽しんでいただける車。私でしたら仲間と荷物を載せて遠距離ドライブに出かけたいですね。GT 63 Sだったら高速道路でパワフルな加速を体感したり、GT 43やGT 53だったらスタートが滑らかなのでストップ&ゴーが多い都心で街乗りを楽しんでいただけると思います。やはりスポーツカーということで、AMG GTの楽しさをご存知ない人は多いと思いますが、今回4ドアクーペが登場したことで、幅広いモデルになりましたので、ぜひメルセデス ミー 東京(六本木)のプロダクトエキスパートの話を参考にご自分と合う1台を見つけていただければ」
今後、メルセデス ミー 東京でもGT 63 Sが試乗ラインアップに登場する予定とのこと。パフォーマンスやデザイン性を求めながらも、日常生活での使い勝手にも妥協したくない人の思いにも応えてくれるモデルだ。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.