画像: 城戸がスーパー・ウェルター級に再転向して還暦まで現役続行を宣言【3・10 K-1】

城戸がスーパー・ウェルター級に再転向して還暦まで現役続行を宣言【3・10 K-1】

カリミアンが突如暴走キャラに変貌
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」(3月10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)の前日計量と会見が3月9日、東京都内で開催された。
今大会では4つのタイトルマッチが開催される。8選手が一堂に会した会見ではそれぞれがそのキャラクターをいかんなく発揮した。
その中でも最もヒートしたのがクルーザー級王座戦を戦う、王者シナ・カリミアンと挑戦者の加藤久輝。計量の2ショットでカリミアンが加藤を挑発。慌てて関係者が割って入り事なきを得たが、会見での2ショットでもにらみ合いからあわや乱闘かという状態に。コメントでも加藤が「さっきのことがあったから、なおさらぶっ飛ばしてやりたい」と言えば、カリミアンは「笑うしかない。彼はしゃべり過ぎ。明日の試合は楽しみ。なぜなら試合の後の彼の顔を見てみたいから」と返答。これに加藤が「コメントが下手だし、態度が悪い。チャンピオンにふさわしくないので明日は勝つしかない」と返すなどケンカ腰。カリミアンは次にマイクを持った林健太を遮って加藤に「私は前回3試合立派な選手たちと戦ったのをあなたは見ていないんでしょうか? それで私に資格がないと思っているんでしょうか?」などと言い返すなど、これまでの沈着冷静で無口なキャラクターから一変。激しい闘争心を見せた。
久保は「投資戦略フェアの講演を休むぐらいこの試合に賭けてます」
この2人と好対照な絡みを見せたのがウェルター級王座戦を戦う王者・久保優太と挑戦者の城戸康裕。城戸は会見時の2ショットで久保に「乱闘しようぜ」と持ちかけるが、計量後はいつもぼーっとしてしまう久保は対応できずに乱闘は不発に終わる。
また城戸は喋っている途中にお喋りが嫌いなカリミアンに「もう家に帰ったほうがいい。映画俳優になったほうがいい」と話の腰を折られる場面もあり、いまいち調子が出ない...。
久保は試合については「今日は投資戦略フェアという投資家としては1年で一番大事な5000人が集まるイベントがあって、僕は毎年講演しているんですが、この試合のために講演を休んでここに来ています。それくらい今回の試合には賭けているので頑張ります」と言うものの、「“塩試合になる”って言っていたんですが、城戸選手との試合を分析してもあまり激しい試合が思い浮かばない」とも。これには城戸も「そうなんだよ」としみじみ。
また城戸は今後については「ウェルター級の67.5キロでやるのはこれが最後かと考えている。アラゾフがベルトを返上したんで、そろそろ戻ろうかなと思っている。あと僕はキングカズさんのように50歳を超えても現役でやられている方に憧れている。還暦を迎えて試合をしているのって面白いじゃないですか。長くやるためには67.5キロでは厳しいかなというのがあるので、そういう意味でも最後のウェルター級かなと思っている」と話した。
この喧騒?をよそにK-1でのタイトル戦を何度も経験している卜部弘嵩と功也、そして王座戴冠後の初戦となった前戦で黒星を喫した村越優汰は翌日のタイトル戦に向け集中力を高めるかのように淡々と、そして静かにタイトル戦へ向けての決意を語った。
功也の持つライト級王座に初挑戦する林はいきなりカリミアンに出鼻をくじかれたものの、最後は「人生において、こうやってベルトを賭けて戦うチャンスというのはめったに来ないというか、二度と来ないかもしれない。このチャンスを絶対に生かして世界チャンピオンという肩書を持って、自分の周りの人と喜びたい」と締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.