画像: 遺恨深まる中邑&ルセフとニュー・デイが乱入合戦【3・12 WWE】

遺恨深まる中邑&ルセフとニュー・デイが乱入合戦【3・12 WWE】

ニュー・デイが「ファストレーン」のお返し
WWE「スマックダウン」(現地時間3月12日、オハイオ州デイトン/ナッター・センター)で中邑真輔&ルセフがザ・バー(シェイマス&セザーロ)と組んでハーディ・ボーイズ(マット・ハーディー&ジェフ・ハーディー)&リコシェ&アリスター・ブラックとの8人タッグ戦に挑んだ。
中邑はブラックと打撃の応酬、ルセフはジェフを捕まえチームワークで痛めつけ、試合を優勢に進めた。しかし、試合中盤に8人入り乱れての攻防に発展すると、突如ニュー・デイが乱入して試合は反則裁定に。
3月10日に行われた「ファストレーン」でのキックオフショーでニュー・デイに苦杯を喫した中邑とルセフは、その後に行われたコフィ・キングストンとザ・バーのハンディキャップマッチでコフィの救援に駆け付けたビックEとエグゼビア・ウッズを襲撃。両陣営は遺恨を深めていた。
中邑らは反撃を試みるも、ニュー・デイが鬱憤を晴らすかのように次々と相手を撃退。最後は中邑がウッズのスライディング・ニー、ルセフがトラブル・イン・パラダイスを食らって退散を余儀なくされた。
乱入の応酬となった中邑&ルセフとニュー・デイはさらにその因縁を激化させた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.