画像: まるで和食店の味!揚げだし豆腐【午前0時に揚げてみた】

まるで和食店の味!揚げだし豆腐【午前0時に揚げてみた】

<ポイント>
☆豆腐は大きく切る
「豆腐は大きく切るとふっくらした豆腐のおいしさが味わえ、切る手間がかからないのでおすすめです。豆腐は小さく切って揚げると、衣のカリッとした面積が多くなります」
2)小麦粉と片栗粉を混ぜて、豆腐にまぶす
ラップを20cmほど広げて<衣>の材料の小麦粉と片栗粉をのせる。ラップを包んで軽くふり、粉を混ぜる。1)の豆腐に粉をしっかりとまぶす。
<ポイント>
☆2種類の粉を混ぜる
「小麦粉は豆腐にぴったり着き、カチッと揚がります。片栗粉はさっくりふわっと揚がって、つゆをよく吸います。どちらの粉を使ってもOKですが、おすすめは2つの粉を混ぜること。それぞれの特長を活かした衣に仕上がります」
3)揚げ油を170〜180°Cに熱して、豆腐を揚げる
フライパンに揚げ油を少し多めの3cm深さまで入れて強火にかけ、170〜180°Cの高温に熱する。2)を縦長に立てて持ち、油に入れてからそっと横に倒す。慣れないうちは1個ずつ揚げるとよい。衣が色づいてカリッとするまで揚げて、網に取り出す。
<ポイント>
☆“かけ湯”のように揚げる
「大きな豆腐を少ない油で揚げるときは、“かけ湯”のように大きなスプーンや玉じゃくしで油を豆腐にかけながら揚げます。豆腐の表面が少し膨れて、底面が色づいてきたら上下を返し、同じように“かけ湯”をしながら揚げましょう」
衣はカリじゅわっ、豆腐はふわとろ!
揚げたての豆腐を器に盛って麺つゆをかけます。豆腐がアツアツなので、麺つゆは温めなくてもOK。好みでおろししょうが、きざみねぎをのせていただきます。麺つゆがじゅわっと染みた衣と豆腐のふわとろ〜な食感が絶妙なバランスです。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.