画像: 【インタビュー】速水もこみちも思わず嫉妬!? “罪な女”よしこ(ガンバレルーヤ)爆誕

【インタビュー】速水もこみちも思わず嫉妬!? “罪な女”よしこ(ガンバレルーヤ)爆誕

『Bの戦場』で壁ドン、あごクイ、そして本気で恋をした!?
よしこ「最初にお話を頂いたときは、演技自体が初めてでしたし、しかもブスの役ということで役作りができるか不安だったんですけど...でも共演者やスタッフの皆さんがいい方ばかりで、並木監督も常に私を見守って演技もしっかりと教えてくださって、本当に楽しい撮影でした」
速水もこみち(以下:速水)「僕はお話を頂いて脚本を読んだとき、まず素直に面白い作品だなと思いました。“ブス”という言葉がポジティブに感じられるくらい面白くて。僕が演じる久世と、よしこさんが演じる香澄の関係も一見すごくコミカルに見えるけど実はすごく純粋な2人のラブストーリーだなという印象を受けて、ぜひやってみたい、と。よしこさんはテレビで見ない日はないくらいの人気者ですしね。僕は料理人ですけど」
よしこ「いえいえ(笑)、確かに料理でもご活躍されてますけど。私は『ごくせん』もずっと見ていましたし、私にとって速水もこみちさんといったらもう本当にすごい方でしたから」
2016年にノベル大賞を受賞した、ゆきた志旗の人気小説を『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『最高の離婚』などの恋愛ドラマの演出を手掛けた並木道子が初メガホンをとり映画化。よしこが演じる主人公・香澄は、明るくて前向きで、真っすぐな心の内面美人。ウエディングプランナーとして誠心誠意、全力で仕事と向き合う日々を送っている。ところがそんな香澄の前にある日、速水演じるイケメン上司・久世が現れ、香澄に猛アピール。なんと久世は“B専”男。“絶世のブス”である香澄に夢中になったというのだ。しかも気の合う職場仲間・武内(大野拓朗)も実は香澄に好意を寄せていて...。
よしこ「こんなイケメンが相手役だなんて本当に幸せでした。運を使い過ぎて、この後すごく不幸なことがあるんじゃないかってくらい」
速水「しかも大野拓朗さんが演じる武内との三角関係もありますからね。ある意味、贅沢な(笑)」
よしこ「ムチャクチャ贅沢ですよ、こんなイケメン2人に取り合われるとか。だから現場でも本当に恋をしました」
速水「武内は久世よりも香澄と距離が近いキャラクターということもあって、現場では大野さんも積極的によしこさんと話されていたんですけど、僕もリアルに少し嫉妬してしまう部分もありました(笑)」
よしこ「速水もこみちさんに嫉妬される女って、なかなかいないですよね」
速水「だけど沖縄国際映画祭のレッドカーペットでは、僕と大野さんと腕を組んで歩いていたのに他の俳優さんを見ていた、という」
よしこ「お2人の間に挟まれて3人でレッドカーペットを歩いたんですよね」
速水「なのに、どこを向いているんだろうなと思ったら他の俳優さんのほうを...」
よしこ「女って罪ですよね、一度にたくさんの人を愛せるというか」
映画主演初挑戦ながら存分に楽しんだ様子。
よしこ「並木監督からは月9のヒロインのように演じて、と言われていました。並木監督って女優さんのように、お美しい方なんです。その監督が、カメラが回る前に見本の演技を見せてくださるんですけど、お美しいので、それがまさに月9のヒロインそのものなので、その後に自分が演じると若干、違和感があったんですけど(笑)。それだけ監督がしっかりイメージを持ってそれを丁寧に教えてくださったし、速水さんをはじめ共演者の方もリハーサルを何度もしてくださったり、温かい方が集まった現場で本当に楽しかったという思い出しかないです」
速水「今回、テレビでコントするときのよしこさんとはまた違った表情を見せてくれるので、そのギャップがまたすごく良かったですよね。初主演ということで緊張もあったと思うけど、撮影の合間に1人でずっとセリフの練習をしていたり、香澄が走ってきた、という設定のシーンをとるときには本当に500メートルくらい走ってきたり...」
よしこ「私が異様に階段を上り下りして走っていたから、速水さんが心配して“そんなにしたら本番で疲れちゃうよ”って声をかけてくださったのに、私はそれを振り切って走り続けてしまって。その後の撮影で疲れて眠くなってしまいすごく後悔しました。速水さんて本当に優しいんですよ」
速水「そんなよしこさんの姿を見て、周りの共演者やスタッフも一生懸命やろうという気持ちが増していったんだと思います」
劇中は、壁ドンやあごクイ、バックハグと胸キュンシチュエーションも満載。
よしこ「私はもう身を任せるというか、そのままドキドキしていれば良かったので、ご褒美タイムでした(笑)。その瞬間、本当にキュンとするんですよ。顔にもそれが出ましたし、監督にもバレてました。“今すごくキュンとした顔をしてたね、本当に恋していたでしょ”って。ドキュメンタリーといっていいくらいにリアルな私の恋を映していただいたと思います」
速水「実は僕もああいうシチュエーションに慣れていないというか、ほとんどやったことが無かったんです。だから“壁ドン”をしても僕が大きすぎちゃって顔が近づかなくて。“あごクイ”をするのも初めてでした」
よしこ「意外ですね、お上手でしたよ」
速水「でもあごがつるっと滑って、何度かやり直してしまって(笑)」
よしこ「私、あごからすごく油がでるんですよ。私は何度もNG出せって思っちゃいました。普通に恋を楽しんでしまっていたので、コメディーの要素を忘れてしまうときもあって、監督から方向を修正していただいたこともありました」
速水「でもおかげでラブストーリーの要素とコメディーの要素のメリハリがしっかりしている作品になりましたよね」
よしこ「私、恋をするとボケれなくなってしまうんですよ。そういう体質なんです、恋愛体質といったらアレですけど。だから現場で面白いことをしようという気持ちがまったくなくて...ごめんなさい、芸人として最悪なんですけど」
速水「すごいなと思ったのは、ボケるぞと構えている感じがまったくしないのに、それが自然な会話の流れの中で面白い演技ができること。やっぱりすごいなと改めて思いましたし、役者としても刺激を受けました」
お互いが語るよしこの女優センス&速水のお笑いセンス
笑いあり胸キュンあり感動ありの本作。よしこが速水に感じた“お笑いのセンス”、そして速水がよしこに感じた“女優のセンス”とは?
よしこ「速水さんには、お笑いのセンスをすごく感じました。上映会での反応を見ても皆さん香澄より久世課長で笑ってらっしゃるんですよね。役柄やお芝居の面白さもそうなんですけど、速水さんご自身も人としての魅力がすごくあって、イケメン以上の魅力というか。まったく気取らないのでイケメンなのに中身がちょっと変わってらっしゃるというか...」
速水「そんなに変わってる? 料理の話しかしないところとか(笑)?」
よしこ「そうそう、すごい役者さんなのにご自身のことを料理人と言い切っていたり(笑)。素で面白い部分をたくさん持っていらっしゃるところが芸人にも通じるというか。人として深掘りしたくなるので、もし速水さんが芸人になったらみんなからツッコミを入れられる人気者になりますよ」
速水「それを言ったら、よしこさんもすごく魅力的な女優だと思います。イタコじゃないですか。いろんな人が下りてきて憑依する芸をしていて、いろんな人のいろんな表情を作り出すことができる。そういう意味でも今後ドラマや映画でいろいろな面を見てみたいなと思います。それに、この現場でスタッフも役者もみんなが仲良くいられたのは、よしこさんのおかげだなと心から思います。よしこさんの皆との接し方や役に対する真剣な姿勢を見て、皆がよしこさんのためにもっと頑張ろうと思える。主演女優として40〜50人を1つにまとめる力はすごいなと思いましたよ」
お互いの内面の魅力を熱く語る2人。
よしこ「芸人としてこの見た目1本でやってきましたけど、私は親から美人だと言われて育ってきたのもあって、なんでこんな見た目なんだろうとか思ったことが無かったんです。ただ、まさに内面美人の香澄と出会って、やっぱり内面は大事なんだと思いました。外見ばかり気にしなくていいんだよと私が言ったら説得力があるかなと思うんですけど、自分が楽しく一生懸命、仕事や恋愛を頑張ることができれば毎日もきっと楽しくなると思います」
速水「人によって好みはさまざまだから難しいけど、内面や外見に関係なく輝いている人を見たときには自然と引かれますよね。僕も、久世が香澄に引かれたのはこういうところなんだろうな、と思いました。男性も同じで、中身の輝きは外にも表れてくるものなんだと思います」
よしこ「私も、これまでこんな月9のヒロインのような体験をしたことがなかったですし、イケメン好きとは言いながらも、実際に前にすると芸人の立場に逃げちゃっていたんですよね。でも今回、香澄を演じて、いつかこんな恋ができる日が来るかもしれないから、内面を磨こうと思いました。内面が輝いていれば、こうやって愛してくれる人も現れますし...あ、ごめんなさい、プライベートでも本当に愛されてるみたいな言い方しちゃって...これはまだ書かないでくださいね!」
速水「公表するまでもうちょっと時間をください(笑)」
よしこ「速水さんて本当に優しいですよね(笑)。現場でも周囲への気配りがすごいし、打ち上げのときに私が速水さんのグラスにお酒を注ごうとしたら“ワインの本場では、男性が同席の女性にワインを注がせたりしないんです。だから僕もしてもらわないことにしているんです”って。席に着くときも私にイスを引いてくださったり、ドアを開けて待っていてくださったり、素で紳士なんです。そのうちハンカチをイスに敷いてくれるんじゃないかというくらい...」
物語の中ですてきな“恋”をした2人。もし続編が企画されたら、香澄と久世にどんな展開を期待したい?
よしこ「結婚まで行きたいですね」
速水「次回作はもうちょっとやり取りを楽しんで、結婚は完結編で」
よしこ「あら、いいですね」
速水「僕も壁ドンをもう少し磨かないといけないし」
よしこ「またあの壁ドンをやってもらえるなら最高です。私は次こそキスシーンを入れていただきたいですね、個人的に。結婚までの過程をきちんと描いていってほしい」
速水「だんだんステップを踏んでね(笑)」
よしこ「結婚までの間に、また1人ライバルが現れたりして」
速水「それは困るなあ(笑)。大野さんに加えてまた新たな人が現れたら」
よしこ「私の中のナンバー1はもこみちさんですよ。でもつまみ食いはしたいんです」
速水「料理に例えるならば、今日はそばを食べたいけど明日はうどんかなという感じですよね」
よしこ「そうです! 女性って日替わりランチ、好きですよね」
気の合う同僚・武内か、ブスゆえに香澄を愛する久世か。はたしてよしこ...いや香澄は最後に誰を選ぶのか? 恋や仕事に悩んだことのあるすべての人にエールを送る、この春、最高の爆笑胸キュン映画!
(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.