画像: 1000円の価値あり! 表参道に究極のソフトクリーム

1000円の価値あり! 表参道に究極のソフトクリーム

プレミアム生クリームソフト「CREMIA(クレミア)」の国内初のポップアップストア「CREMIA Bar 表参道」が期間限定でオープン!
素材にとことんこだわった上品で濃厚なクレミアは、すっきりした後味やなめらかな口どけで、スイーツファンをとりこにしているソフトクリーム。さらにコーンの部分は“猫の舌”と呼ばれる細長くやわらかで軽い口当たりのラングドシャ―を使用。その風味と食感がソフトクリームとの相性抜群で、一度食べたらやみつきになるおいしさだ。
同ポップアップショップでは、新たにソフトクリーム4種とラングドシャ―コーン2種を限定発売。全部で14通りの組み合わせを楽しむ事ができる。
限定クレミアの中でも特に素材にこだわったのが“究極シリーズ”の「CREMIA the Rich」と「CREMIA the Rich Matcha」の2種類。「CREMIA the Rich」は、100%「北海道産の乳原料」と優しい甘味が特徴の「和三盆」、ミネラルが豊富な「沖縄の海水塩」により、余計なものをいれずとも、バランスの取れた豊かな味わい。また、通常のクレミアより生クリームを10%増量の35%配合し、コクがありつつもフレッシュさを失わない、まろやかで優しい口当たりに仕上がった。
「CREMIA the Rich Matcha」は、200年以上の歴史を持つ、宇治のお茶問屋から仕入れた高グレード抹茶を選定。切れの良い甘さが特徴の氷砂糖と、隠し味に瀬戸内産の藻塩を使用することで、抹茶のうま味と甘味を引き立たせた。
どちらも税込1000円という通常価格の約2倍というお値段だが、それだけ原材料と配合製法にこだわり抜き、味には絶対の自信ありという事。
また、同店限定の高級洋菓子クリームのような複雑な香りが楽しめる「CREMIA the Custard」と、甘さの中にもほろ苦さがあり大人が満足できる濃厚な「CREMIA the Caramel」(どちらも税込540円)もおススメ。
ラングドシャ―は、定番の「ラングドシャコーン」、「チョコラングドシャコーン」のほか、限定で甘さと酸味を持つ「ベリーラングドシャコーン」と焼き立てのバターの風味が香る極上の「バターラングドシャコーン」の4種を用意。
自分自身の究極の組み合わせを見つけてみよう!

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.